にほんブログ村 ポータルブログへ 人気blogランキング
    Blogtimes

    2010年10月22日

    串の長さ不足のため、焼き鳥世界最長挑戦断念

    長い焼き鳥を作ろうとしたが、長い竹串を入手できなかったので断念してしまったというニュース。

    【読売新聞】やきとり世界最長挑戦、串の長さ足らず中止に
    山口県長門市の長門やきとり横丁連絡協議会などが計画していた「世界一長いやきとり」への挑戦が中止されることになった。

     北海道美唄市が持つ世界記録を抜く竹串が見つからなかったため。

     長門市には焼き鳥店が多く、協議会などが過去3回世界記録を樹立。2008年には23・42メートルを達成した。その後、記録は更新され、現在の世界記録は美唄市の24・83メートル。

     再挑戦イベントは、24日の「ながとふるさとまつり」で計画していた。串となる竹が京都にあるとの情報を得ていたが、25メートルに足りなかったという。今後も竹探しは続け、再挑戦はあきらめない。

    (以下略)

    何か解せないニュース。串を継ぎ足してはダメなのかとか、金属製の串はダメなのか等、色々考えられるのだが、【Wikipedia】焼き鳥を見たら、「1本の竹串を用いる」とか「焼き上がった時点で折れていない長さで測定する」などと色々ローカルルールがあるらしい。

    そもそも、主に日本くらいでしか作っていない食べ物なのに「世界一」を謳うのはどうかと思ったりするのだが。


    ■関連記事
    網走で11.95mのちくわ (2010年09月27日)


    ■関連リンク
    【産経新聞】「セカチョウ」! 世界一長い焼き鳥の記録更新 北海道美唄市で24.83メートル (2010/9/4)


    続きを読む
    posted by fullmoon-pon at 23:03 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(1) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | はてなブックマーク - 串の長さ不足のため、焼き鳥世界最長挑戦断念

    カセットウォークマン、国内販売終了

    コンパクトカセット式のウォークマンの国内販売が終了するというニュース。

    【日本経済新聞】カセット式ウォークマン、国内出荷終了 ソニー
     ソニーは22日、携帯音楽プレーヤー「ウォークマン」でカセットテープを使う製品の国内向け出荷を終えたことを明らかにした。米アップルの「iPod(アイポッド)」のヒット以来、内蔵メモリーを使う小型製品が主流となりカセット式は需要が落ち込んでいた。店頭在庫が無くなり次第国内での販売は終わり、31年の歴史の幕を閉じる。

    (以下略)

    まだ売っていたのかというのが正直な感想である。そして、まだ買おうとする人が日本国内にいるのかと。

    実はうちにもウォークマンがある。「WM-D6C」という再録可能モデルである。「WALKMAN PROFFESIONAL」という名も冠せられているだけに、下手なカセットデッキよりも性能が良い。
    特に便利なのは再生速度の調整機能。録音機器によってテープの走行速度がまちまちだったりするのだが、ダビングの際、それを調整することができる。
    今、うちでカセットテープを再生できる機器はこれしかないのだが、デジタル化の波でここ数年は動作させてないのが実情だったりする。


    ■関連リンク
    【産経新聞】「カセット」ウォークマン販売終了 デジタル化で30年の歴史に幕


    続きを読む
    posted by fullmoon-pon at 21:57 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | AV機器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | はてなブックマーク - カセットウォークマン、国内販売終了