にほんブログ村 ポータルブログへ 人気blogランキング
    Blogtimes

    2013年06月23日

    未だ原発で稼働するPDP-11は2050年まで運用予定

    かつて、コンピュータには「ミニコンピューター(ミニコン)」というカテゴリーがあった。
    DEC(ディジタル・イクイップメント・コーポレーション)が発売していた有名な16ビットミニコン「PDP-11」があるのだが、海外の原発では未だ稼働しているらしい。

    【マイナビニュース】原発で稼働するミニコン「PDP-11」、2050年まで運用予定
    PDP-11と聞いて懐かしさを覚えるエンジニアも多いだろう。PDP-11は1970年代から80年代にかけて活躍した16ビットのミニコンピュータ。UNIXの黎明期に存在したコンピュータで、UNIXを学んだエンジニアであれば、実物は見たことがなくても、その名前はどこかで読んだことがあるだろう。PDP-11は多くのエンジニアに活用され、現在のコンピュータやオペレーティングシステムに影響を与えている。

    このPDP-11が、今でも現役で動いており、さらに2050年まで稼働し続ける計画になっていると言われると、さすがに耳を疑ってしまうが、どうやら事実らしい。The Registerに掲載された記事「Nuke plants to rely on PDP-11 code UNTIL 2050!」によれば、GEの原子力発電所ではPDP-11が今でも発電所内のロボットの制御に活用されており、さらに向こう37年間、2050年までは使われ続ける予定になっているという。

    (以下略)

    こちらの記事によると、カナダの原発らしい。
    【The Register】Nuke plants to rely on PDP-11 code UNTIL 2050!

    PDP-11が人気機種だったとは言え、コンピュータが故障したときの保守用部品は2050年まであるのかと。
    ハードウェア以外にもソフトウェア的に保守できる人材が2050年までいるのかと。

    ちなみにDECは後にPCで有名だったコンパックに買収され、そのコンパックもヒューレット・パッカード(HP)に買収されている。


    ■関連リンク
    【Wikipedia】PDP-11
    【Wikipedia】ディジタル・イクイップメント・コーポレーション


    続きを読む
    posted by fullmoon-pon at 22:32 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース(海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | はてなブックマーク - 未だ原発で稼働するPDP-11は2050年まで運用予定

    本日のGoogle(2013/6/23)

    ポーランドのGoogleが父の日仕様のロゴ画像に変わっています。
    ロゴをクリックすると「Dzień Ojca」に関する検索ページに飛びます。

    Dzień Ojca

    ロゴ画像のALT属性は「Dzień Ojca」になっています。
    同国の父の日は6月23日固定で祝祭日に設定されています。

    この画像は他国で使い回されているタイプで、以下の日に公開されました。
    本日のGoogle(2013/6/21)

    昨年のロゴはこちらから。
    本日のGoogle(2012/6/23)


    ■関連リンク
    【Wikipedia】ポーランド
    【Wikipedia】父の日
    【Wikipedia】Father's Day [英語]


    posted by fullmoon-pon at 18:32 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | Google | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | はてなブックマーク - 本日のGoogle(2013/6/23)