にほんブログ村 ポータルブログへ 人気blogランキング
    Blogtimes

    2017年12月04日

    本日のGoogle(2017/12/4)

    Googleのロゴ画像が変わっており、インタラクティブな操作ができます。
    Doodleページはこちらから。
    http://www.google.com/doodles/celebrating-50-years-of-kids-coding
    日頃ロゴが変わる世界の大多数のGoogleは、日本時間4日14時〜15時頃までに全てこのロゴになりました。

    スタンドアロン版ページはこちらから。
    http://www.google.com/logos/2017/logo17/logo17.html
    言語は英語がデフォルトですが、多国語対応しており、以下のようにすると日本語表記で見ることができます。
    http://www.google.com/logos/2017/logo17/logo17.html?hl=ja

    ロゴをクリックするとゲームが始まります。
    ウサギにニンジンを食べさせるように移動させるゲームで、ウサギを1コマ動かすパーツ、ウサギを右90度回転するパーツ、同じく左90度回転するパーツ、一連の動作を繰り返すパーツを組み合わせて使います。
    これらの組み合わせを考える事は、プログラミング学習の基礎と言えます。

    こちらは動作しない環境向けのロゴ画像。
    子供のコーディング 50 周年記念

    虫眼鏡アイコンをクリックすると「子供向けコーディング言語」に関する検索ページに飛びます。英語圏のGoogleでは検索語は「kids coding languages」となっています。

    ロゴ画像のタイトルは「子供のコーディング 50 周年記念」ですが、これだけでは意味が分かりません。英語圏のGoogleではタイトルが「Celebrating 50 years of Kids Coding」となっているのそのまま翻訳しただけですので。
    まず、「コーディング」とはコンピュータで使用するプログラミング言語の事です。その中でも教育向けとして設計された言語の一つが「LOGO」で、1967年に登場しました。
    アメリカでは2013年から毎年12月に「Computer Science Education Week」(コンピュータサイエンス教育週間)を実施しています。
    この期間、子供たちを対象にプログラミングに関するワークショップを開催しており、現在は世界180カ国に広がっています。
    今年の教育週間は4日から10日までで、今回のロゴの提示はそれに合わせたと思われます。

    検索結果画面左上のロゴ画像も載せておきます。
    子供のコーディング 50 周年記念


    ■関連リンク
    【CNET Japan】世界的なプログラミング教育推進運動「Hour of Code」、日本に本格上陸 (2015/12/10)
    【Wikipedia】LOGO
    【Wikipedia】Logo (programming language) [英語]


    posted by fullmoon-pon at 18:28 | 東京 ☀ | Comment(0) | Google | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | はてなブックマーク - 本日のGoogle(2017/12/4)