にほんブログ村 ポータルブログへ 人気blogランキング
    Blogtimes

    2008年08月03日

    宇宙戦艦ヤマトが復活か?

    かつて大ヒットしたアニメ『宇宙戦艦ヤマト』。最後の『宇宙戦艦ヤマト 完結編』以来、制作するらしい。

    【スポーツニッポン】ポニョ超えだ!ヤマト25年ぶり復活へ
     名作アニメ「宇宙戦艦ヤマト」が最後の劇場公開から25年ぶりの復活に向けて始動した。製作総指揮に当たる西崎義展氏(73)が31日、東京・練馬区内に拠点となる「ヤマト・スタジオ」を開き、「私の最後の作品。宮崎駿監督の“崖の上のポニョ”を超える作品にしたい」とボルテージを上げた。

     スタジオ開きには総監督の舛田利雄氏(80)や総作画監督の湖川友謙氏(58)ら約40人のスタッフも出席し「復活編」の門出を乾杯で祝った。04年7月に一度製作が発表された経緯があるが、著作権をめぐる法廷闘争などもあって、その際は断念。西崎氏によると、今回はすべてがクリアになっての再始動。

     ヤマトは74年のテレビ放送後、77年から83年まで4作品が劇場公開され、計1000万人以上を動員するブームをつくった。今作は西暦2220年が舞台。移動性ブラックホールの膨張で地球に危機が迫り、3億人の移民作戦が展開。その途中に移送船団が攻撃を受け、ヤマトが反撃するというストーリー。38歳になった古代進が艦長になり、妻の雪との間に美雪という娘もいる設定だ。

    (以下略)

    この手の復活話、何年も前にそういう話は出てはうやむやのうちに消えてしまってしまったという経緯がある。
    そもそも、前作では宇宙の「海」に船体が割れて沈没したヤマトをどうするのか? 物語にけじめを付けるためにあれだけの事をやったのに、今更どうするのかという疑問もあったりする。

    宇宙空間の氷の中にヤマトの破片が封じ込められているだろうから、サルベージするのか? それとも新造するのか?
    まあ、普通に考えたら、新造するのが妥当なのだが。だけど、こんなことしたら、ヤマトなんて幾らでも作れてしまうし、作品を見に来たお客さんも呆れるかも。




    posted by fullmoon-pon at 23:56 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(1) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | はてなブックマーク - 宇宙戦艦ヤマトが復活か?
    にほんブログ村 ポータルブログへ 人気blogランキング
    この記事へのコメント
    コメントを書く
    お名前: [必須入力]

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント: [必須入力]


    この記事へのトラックバック

    『宇宙戦艦ヤマト復活篇』
    Excerpt: 本当に制作しているのか疑心暗鬼だった『宇宙戦艦ヤマト復活篇』であるが、今回、5月18日のニュースで取り上げられた。 【毎日新聞】宇宙戦艦ヤマト:パワーアップ「波動砲」6連発OK “新ヤマト”の雄姿..
    Weblog: じブんログ
    Tracked: 2009-05-18 23:32