にほんブログ村 ポータルブログへ 人気blogランキング
    Blogtimes

    2008年10月07日

    餃子像が真っ二つに壊れる。

    宇都宮市に住んでいない人でも、知る人ぞ知る駅前の餃子像。10月6日、これを移転のために釣り上げたが、作業ミスで壊してしまった。

    【下野新聞】餃子像受難 移転作業中に転倒し真っ二つ
     宇都宮ギョーザブームの立役者「餃子(ぎょうざ)像」受難−。

     観光客の写真撮影スポットとしても人気の高いJR宇都宮駅東口歩行者広場の「餃子像」が六日、移転作業中に倒れ、胸部分から真っ二つに折れた。同日午前九時十五分ごろ、台座ごと約五センチつり上げた直後、片側のワイヤが外れ、バランスを崩し落下。衝撃で像の足元が折れ、そのままうつぶせに倒れた。

     所有する宇都宮観光コンベンション協会の職員、斉藤幸さんは「来てみたら、転がっていた。びっくりして苦笑いするしかない」とあぜん。

     作業を見守っていた関係者の中には「雨にも風にも負けずずっと立ったままで、疲れたのかしら」「ずっとここにいたかったのかも」と嘆く人も。

     移転作業は、同駅東口整備事業の一環。今月下旬、同駅西口のペデストリアンデッキ下に移り、十一月一、二日の宇都宮餃子祭りでは"新天地"で観光客を出迎えるはずだった。

    (以下略)

    今後の選択肢としては
     1. 壊れた像を修復する
     2. これまでと全く同じものを新しく作る
     3. これまでと全く違うシンボルを作成する
     4. もう何もしない
    などがあるのだが、今後どういう対応をするのか気になるところである。

    私も宇都宮駅へは何度も行ったことがあるし、この像も何度も見たことがある。
    今回知ったのだが、あれは「ギョーザの皮に包まれたビーナスをイメージした大谷石の像」との事。そういう目で見れば、ビーナスに見えないことはないのだが、それはビーナスに対して失礼なのでは(w

    ちなみにGoogleマップにも餃子像が載っていたりする。

    大きな地図で見る


    ■関連リンク
    【読売新聞】宇都宮の「餃子像」壊れる
    【産経新聞】宇都宮市の観光名所「餃子像」 真っ二つに壊れる
    【時事通信】「餃子像」壊れる=移転作業中−宇都宮
    【東京新聞】餃子像 折れちゃった 移転工事中真っ二つに
    【朝日新聞】宇都宮のシンボル「餃子像」大破 移転作業中落下
    【毎日新聞】雑記帳:宇都宮の「餃子像」が割れちゃった





    posted by fullmoon-pon at 23:56 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | はてなブックマーク - 餃子像が真っ二つに壊れる。
    にほんブログ村 ポータルブログへ 人気blogランキング
    この記事へのコメント
    コメントを書く
    お名前: [必須入力]

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント: [必須入力]


    この記事へのトラックバック