にほんブログ村 ポータルブログへ 人気blogランキング
    Blogtimes

    2005年12月18日

    秋葉原は死んだのか?

    A@というサイトの2005.12.16欄「秋葉原は死んだって?」の文を読んだ。
    なるほどと思える部分が多々あった。

    おお、駅前ではメイドの格好をした広告塔がおのぼり者と一緒に写真をとっているよ。そういえば、おんなじ風景をどっかで見たなあ、あれは京都に行ったとき、清水寺の近くで舞妓さんのことを修学旅行のガキが一生懸命カメラに撮っているシーンにそっくりだったんだ。

    そうか…。自分も何か既視感を感じていたのだが、京都の舞妓さんだわ、これ。

    私が初めて秋葉原に行った頃は、家電関連が全盛期。私もオーディオ、電子パーツ目当てで行っていた。その後、時代の趨勢はコンピュータ方面にシフトし、私もその方面に傾倒した。
    現在の秋葉原は、フィギュア、同人関係が幅をきかせており、私もちょっとついて行けない部分がある。それでも当初はまだ良かったのだが、マスコミの報道等により、近頃そこへ訪れる客層がますます妙になって来ているように思えてならない。
    タグ:秋葉原
    posted by fullmoon-pon at 23:49 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ネットで見つけたネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | はてなブックマーク - 秋葉原は死んだのか?
    にほんブログ村 ポータルブログへ 人気blogランキング
    この記事へのコメント
    コメントを書く
    お名前: [必須入力]

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント: [必須入力]


    この記事へのトラックバック