にほんブログ村 ポータルブログへ 人気blogランキング
    Blogtimes

    2008年12月06日

    ホンダがF1撤退 (その1)

    12月5日、ホンダがF1撤退を発表した。チームは売却、もし売却先が決まらなかったら解散となる。
    スポーツニュースだけでなく、一般のニュースでも大きく報道しており、その反響は大きい。
    撤退はこのところの経済状況が悪化が原因である。アメリカではビッグ3が経済支援を国に陳情していたのだが、日本ではホンダがまさかのF1撤退表明。少なくともF1シーズンが終わった直後は撤退の意思が無かったのに、今回のそれはまた決断が早い。

    【本田技研工業株式会社】F1レース活動について
     私どもHondaは、このたび、2008年をもってF1レース活動から撤退することを決定いたしました。

     サブプライム問題に端を発した金融危機と、それらに伴う信用危機、各国に広がった実体経済の急速な後退により、Hondaを取り巻くビジネス環境は急速に悪化してきています。
    当面の世界経済は不透明さを増すばかりであり、回復にはしばらく時間がかかることが予想されます。

     Hondaはこの急激かつ大幅な市場環境の悪化に対し、迅速かつフレキシブルに対応をしてきましたが、将来への投資も含め、さらに経営資源の効率的な再配分が必要との認識から、F1活動からの撤退を決定いたしました。今後のHonda Racing F1 Team、英国でエンジンの供給を行ってきたHonda Racing Development Ltd.については、チーム売却の可能性も含め従業員と協議にはいります。

     Hondaは第3期のF1活動として、2000年よりB・A・Rとの共同開発という新しい形での参戦をいたしました。その後のF1を取り巻く環境変化により2006年よりHondaが100%出資するチームとしての運営に移行しました。最高峰のレースへの挑戦は、思いのほか厳しい道のりでしたが、多くの応援を頂き、2006年に貴重な1勝をあげることができました。頂いたご声援に十分お応えすることなく撤退の決定をすることは大変困難をともなう決断でした。

    (以下略)

    今回のホンダの発表や一連の報道でも気になるのが「撤退という表現」。「休止」ではない。ほかのニュースサイトも見たところ、次回のF1参戦は絶望的に無さそうな雰囲気である。
    結局のところ、富士スピードウェイで見た今年のF1日本GPが自分にとっての最後のホンダF1観戦となってしまったのだった。
    こういうのも何なのだが、見ておいて良かったとも思う今日この頃であったりする。




    posted by fullmoon-pon at 23:07 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(3) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | はてなブックマーク - ホンダがF1撤退 (その1)
    にほんブログ村 ポータルブログへ 人気blogランキング
    この記事へのコメント
    コメントを書く
    お名前: [必須入力]

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント: [必須入力]


    この記事へのトラックバック

    ホンダがF1撤退 (その2)
    Excerpt: 2008年12月6日に書いた「ホンダがF1撤退 (その1)」の続き。 余りにも関連ニュース記事が沢山あるので、ぱっと目に付いたもののリンクを以下に掲載。 ・【読売新聞】ホンダF1撤退、業績悪化がレ..
    Weblog: じブんログ
    Tracked: 2008-12-07 23:55

    多摩テックが9月末で閉園
    Excerpt: 2月7日、多摩テックが2009年9月30日で閉園するという発表があった。ホンダの業績悪化による経費削減の一環であるらしい。 【多摩テック】ゆうえんち「多摩テック」営業終了のご案内 1961年の開業以..
    Weblog: じブんログ
    Tracked: 2009-02-07 22:02

    トヨタがF1撤退
    Excerpt: 11月4日、トヨタがF1撤退を発表した。午前のニュースでは「撤退へ」という書き方だったのだが、午後トヨタから正式に発表があった。 F1中継を放送するフジテレビ以外のテレビ局でも大きく報じていたので、ニ..
    Weblog: じブんログ
    Tracked: 2009-11-06 08:51