にほんブログ村 ポータルブログへ 人気blogランキング
    Blogtimes

    2009年01月08日

    洗剤入り焼きそばが客に出される

    カラオケ店で調理した焼きそばは、実は食用油ではなく洗剤を使っていたという話。

    【読売新聞】油と洗剤間違えた焼きそば、客に提供
     相模原市保健所は6日、同市淵野辺のカラオケ店「DEEP・FOREST」で、4日未明に焼きそばを食べた20歳の女性客2人が、舌のしびれや吐き気などの食中毒症状を訴えたと発表した。2人は病院に運ばれたが、既に回復したという。

     同保健所の調査で、焼きそばを調理した店員が、食用油と台所用洗剤を取り違えて調理したのが原因と判明。同店を6日正午から24時間、営業停止処分にした。

    食べたのは4日未明と書いてあるので、深夜の時間帯に焼きそばを作っていたのであろう。だけど、どうすれば食用油と洗剤を間違えるのだろうか。例えば臭いが発生するとか、食材が泡立つとかで気付かないのか。

    店の情報がGoogleのキャッシュ上にしかなく、その住所が「相模原市淵野辺3-19-15 秀和産業ビル3F」ならば、ここになるのだが。





    posted by fullmoon-pon at 07:13 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | はてなブックマーク - 洗剤入り焼きそばが客に出される
    にほんブログ村 ポータルブログへ 人気blogランキング
    この記事へのコメント
    コメントを書く
    お名前: [必須入力]

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント: [必須入力]


    この記事へのトラックバック