にほんブログ村 ポータルブログへ 人気blogランキング
    Blogtimes

    2009年01月15日

    パイオニア、LDプレーヤーの生産終了

    2009年1月14日、ついにパイオニアがレーザーディスクプレーヤーの生産終了を発表した。
    【パイオニア株式会社】レーザーディスクプレーヤーをご愛用のお客様へ 〜生産終了のお知らせ〜
    平素は当社商品をご愛用いただき、誠にありがとうございます。

    当社はレーザーディスクプレーヤーを1981年10月に発売して以来、日本国内で累計約360万台の販売をさせていただき、多くのお客様にご愛用いただいて参りました。厚く御礼申し上げます。

    昨今のDVDやBD(ブルーレイディスク)などの新たなメディアが市場に定着する中、生産に必要な専用部品の調達が困難となり、やむなく今後約3000台(DVL-919、CLD-R5、DVK-900、DVL-K88の4機種合計)の生産をもってレーザーディスクプレーヤーの生産を終了いたします。

    (以下略)

    初めて出た頃は画期的な映像再生機器だったLDプレーヤー。今やDVDやBlu-rayに取って代わってしまったのだが、LDソフトを持っている人にとっては、悩み事である。
    かつて、ビデオテープの規格がVHSとβに分かれて時代があったのと同様、ビデオディスクの規格もLDとVHDに分かれていた頃が懐かしい。
    一時期、LD派はそれを開発したパイオニアだけだった頃もあったが、後にひっくり返ったのは知られる通り。VHDを開発した日本ビクターの親会社でもある松下電器産業がLD派に参入した時、これはもう勝負があったと当時は思っていた。

    実はうちには古くて動作が怪しいLDプレーヤーがある上、DVDとして再発売されていないLDソフトも持っていたりするのだが、早いうちにデジタル化しなさいって言うことですか? 収納スペースさえあれば、予備のLDプレーヤーも買ってしまいたいのだが…。


    ■関連記事
    全世界最終のレーザーディスク (2007年05月21日)


    ■関連リンク
    【ITmedia +D LifeStyle】パイオニア、LDプレーヤーの生産を終了
    【マイコミジャーナル】パイオニア、レーザーディスクプレーヤーの生産を終了
    【読売新聞】さらばレーザーディスク、パイオニアがプレーヤー生産中止へ
    【日本経済新聞】パイオニア、レーザーディスク再生機の生産終了 3月末メド
    【毎日新聞】パイオニア:LDプレーヤーの生産打ち切り 09年春にも
    【時事通信】LDプレーヤー生産終了へ=部品調達困難に−パイオニア
    【産経新聞】LDプレーヤーの生産終了 パイオニア
    【CNET Japan】パイオニア、レーザーディスクプレーヤーを生産終了へ




    posted by fullmoon-pon at 04:03 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | AV機器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | はてなブックマーク - パイオニア、LDプレーヤーの生産終了
    にほんブログ村 ポータルブログへ 人気blogランキング
    この記事へのコメント
    コメントを書く
    お名前: [必須入力]

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント: [必須入力]


    この記事へのトラックバック