にほんブログ村 ポータルブログへ 人気blogランキング
    Blogtimes

    2009年02月16日

    世界初、USBポート付耐火・耐水金庫

    セントリー日本がUSBポートを内蔵した耐火・耐水金庫を発売する。
    USBポートは何に使うのかと思っていたら、金庫の中に保管してあるUSB機器に対し、扉を開けずにアクセスできるという、興味深い機能がある。

    【セントリー日本】デジタルデータ保管の大革命!世界初のUSBポート付金庫、いよいよ日本で発売開始!
    セントリー日本株式会社(所在地:東京都品川区、代表取締役 松岡 浩)は、
    世界初の機能を備えた『耐火・耐水 USBポート付 デジタルデータストレージ(QE5551)』を3月上旬に発売いたします。
    http://www.digital-world.jp/products/qe5551/

    ■他の追従を許さない!時代にあった最高級クラスの性能
    2時間1010℃焼却という過酷な耐火テストをクリア!もちろん、紙類などだけでなく、ポータブルHDD、CD、DVD、USBメモリなどのデジタルメディアの耐火性能も検証・認定を受けており、デジタルデータが欠かせない現代のニーズにも対応しています。
    耐火だけでなく、爆発テスト、落下衝撃テストにも合格。
    さらに、万が一の火災時の消火放水などにも耐える耐水機能も付いており、様々な災害から大切な書類・データを守ります。


    ■世界初!パソコンと快適データアクセス
    強固な庫内にポータブルHDDなどの記憶装置をセットしておけば、本体正面にあるUSBポートとパソコンのUSBポートを接続するだけで、保管してある簡単にデータアクセスがおこなえる、世界初の機能を装備。
    日常的にデータのバックアップが必要な場合にも、ストレスなくポータブルHDDへすぐに保存できます。

    (以下略)

    耐火金庫そのものは昔から色々売られている。ただ、証券や通帳などの紙メディアを保管することだけを謳っている金庫にFD、CD-R等のデジタルメディアを入れても役に立たない場合が多々ある。
    実は紙は耐火性能がそこそこあるため、100℃程度では自己発火しないし、多少ヘナヘナに変形しても目視して読むことが出来ればOK。しかし、デジタルメディアはそんな温度に晒したらダメになってしまうし、変形でもしたらまず読み込みは出来ない。
    そんなわけで、デジタルメディアを保管する目的で耐火金庫を購入する場合は注意が必要なのである。

    なお、件の金庫の価格はQE5551が165,900円、一回り小さいQE4531の価格は123,900円とのこと。


    ■関連リンク
    【PC Watch】セントリー日本、世界初USBポート付きストレージ用耐火/耐水金庫
    【ITpro】USBポートを搭載したストレージ向けの耐火・耐水金庫が発売
    【マイコミジャーナル】水害、火事、落下に耐えるハードディスクが登場!? - USBポート付金庫が発売
    【朝日新聞】セントリー日本、USBポート付きでデータストレージとしても使える金庫
    【ITmedia News】世界初、USB端子付き金庫 HDD入れたままデータ読み書き
    【RBB TODAY】まさかの火災から大事なデータを守れ! USBポート搭載の耐火・耐水機能付き金庫




    posted by fullmoon-pon at 23:53 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | はてなブックマーク - 世界初、USBポート付耐火・耐水金庫
    にほんブログ村 ポータルブログへ 人気blogランキング
    この記事へのコメント
    コメントを書く
    お名前: [必須入力]

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント: [必須入力]


    この記事へのトラックバック