にほんブログ村 ポータルブログへ 人気blogランキング
    Blogtimes

    2009年05月15日

    「レッドアローズ」に初の女性パイロット

    つい最近、フランス空軍のアクロバットチームの女性パイロットがニュースになったのだが、今度は5月13日、イギリス空軍のアクロバットチーム「Red Arrows(レッドアローズ)」で、初の女性パイロットが起用されてニュースになったという話。

    【JAPAN JOURNAL】5/13 英空軍のアクロバットチーム「レッド・アローズ」、女性パイロットを初起用
    英空軍のアクロバットチームである「レッド・アローズ」に、初の女性パイロットが起用されることになった。新たにチームに加わるのは、カースティ・ムーア空軍大尉(31)=写真(写真は「デイリー・テレグラフ」紙より)。

    1998年に英空軍に入り、空軍機「ホーク」の教官として勤務。現在は、英東部ノーフォークにあるマーラム英空軍基地で、全天候型多用途攻撃機「トーネードGR4」を操縦しており、先日もイラク上空の視察飛行を行ったばかり。

    (以下略)

    元ネタのテレグラフ紙の記事はこちらから。
    【Telegraph】First woman joins Red Arrows

    私もレッドアローズの名前は知っているが
    チームに入るためには、最低でも1,500飛行時間を達成していること、少なくとも1回は前線で高速機による軍事作戦に携わった経験を持つことが条件になっており、今まではこれらの条件を満たす女性のパイロットはいなかったという。
    という資格条件があるとは知らなかった。
    確かにイギリスは国外でよく戦闘に関わってきているとはいえ、なかなか厳しい条件。

    今回改めて【Wikipedia】レッドアローズを読んでみたのだが、このチーム、午前はイギリス国内、午後はベルギー、オランダ、フランスなどの近隣国でショーを行うことがあるらしい。日本の航空自衛隊ではあり得ないスケジューリングである。

    英文の【Wikipedia】Red Arrowsの方は、今回の件が早速更新されている。
    【BBC】First female pilot for Red Arrows を見ると、カースティ・ムーア(Kirsty Moore)大尉は2010年から2012年までチーム参加の模様。
    どこの国でも大きなイベントがある時は、空軍機が記念飛行を行ったりするのだが、彼女の場合、F1イギリスGP、Great North Run(世界最大規模のハーフマラソン)、最後の年は2012年ロンドン五輪でフライトすることになりそう。


    ■関連記事
    「パトルイユ・ド・フランス」の女性パイロット (2009年05月14日)
    「サンダーバーズ」に初の女性パイロット (2005年06月24日)


    ■関連リンク
    The Red Arrows (音が出ます)
    【Times】Fighter pilot Kirsty Moore becomes first woman to join Red Arrows



    RED ARROWS〜ROLLING IN THE SKY [DVD]

    RED ARROWS〜ROLLING IN THE SKY [DVD]

    • 出版社/メーカー: パイオニアLDC
    • メディア: DVD




    1/72 レッドアローズ ナット

    1/72 レッドアローズ ナット

    • 出版社/メーカー: エアフィックス
    • メディア: おもちゃ&ホビー




    posted by fullmoon-pon at 06:56 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース(海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | はてなブックマーク - 「レッドアローズ」に初の女性パイロット
    にほんブログ村 ポータルブログへ 人気blogランキング
    この記事へのコメント
    コメントを書く
    お名前: [必須入力]

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント: [必須入力]


    この記事へのトラックバック