にほんブログ村 ポータルブログへ 人気blogランキング
    Blogtimes

    2010年05月31日

    Googleの「パックマン」ロゴ制作裏話

    本日のGoogle(2010/5/22)」に書いたとおり、この日から48時間、Googleのロゴ画像がパックマンゲームになった。(好評のため、その後恒久的に使えるようになった)

    ちょっと日が経ってしまったが、パックマンロゴ制作に関わる長文の記事を見つけたので、以下にリンクを。
    【CNET Japan】グーグルの「パックマン」ロゴができるまで--ウェブ技術でオリジナルを忠実に再現:スペシャルレポート (2010/05/27 07:30)

    しかし、こんな楽しめるゲームを公開した結果がこれ。
    【ITmedia News】Googleのパックマンロゴ、1億2000万ドルの損失もたらす――米調査

    かつて当時のソ連で作られた「テトリス」が世界的に流行した頃、
     「このゲームは資本主義国家に対する罠で、労働者の生産性を落とすために作られた」
    という噂がまことしやかに流された(w
    テトリスによる生産性損失はどのくらいだったのだろうか?

    それからこんな記事も。
    【マイコミジャーナル】Googleユーザーの482万時間を食べたパックマンロゴ - 生産性の損失は…

    意外だったのはこれ。
    なおRescueTime創設者のTony Wright氏は、パックマンロゴで遊んだGoogle.comユーザーは25%程度で、3/4のユーザーはプレイできることに気づかなかったと見ている。

    私なんてあのロゴを初めて見た瞬間から「これは実際にゲームができるだろ」と思ってしまい、試してみたら実際にできてしまったという口なのであるが……。



    ナムコクラシックゲームス パックマン名刺ケース ゲームタイプ

    ナムコクラシックゲームス パックマン名刺ケース ゲームタイプ

    • 出版社/メーカー: バンプレスト
    • メディア: おもちゃ&ホビー




    クオータームーン カレー&パスタ  パックマン

    クオータームーン カレー&パスタ パックマン

    • 出版社/メーカー: クオータームーン
    • メディア:



    posted by fullmoon-pon at 01:03 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | Google | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | はてなブックマーク - Googleの「パックマン」ロゴ制作裏話
    にほんブログ村 ポータルブログへ 人気blogランキング
    この記事へのコメント
    コメントを書く
    お名前: [必須入力]

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント: [必須入力]


    この記事へのトラックバック