にほんブログ村 ポータルブログへ 人気blogランキング
    Blogtimes

    2010年07月29日

    Panasonicブランドに統一のため、SANYOブランド消滅へ

    かつて、パナソニック株式会社は、松下電器産業株式会社から社名変更をし、Nationalブランド、Panasonicブランドと混在していたものをPanasonicに統一した。
    さらにパナソニックは経営不振の三洋電機株式会社を子会社化したのだが、今回、パナソニック電工と三洋電機を完全子会社化するにあたり、ブランドもPanasonicに統一することになった。
    一部の国ではSANYOが強いので、その地域ではSANYOブランドだが、それ以外は廃止となる。

    【マイコミジャーナル】【速報】パナソニック、パナ電工と三洋電機を来年4月に完全子会社化
    パナソニック、パナソニック電工、三洋電機の3社は7月29日、同日開催の各社の取締役会において、公開買付けとその後に株式交換を行う方法によって来年4月を目途に、パナソニックによるパナソニック電工と三洋電機の完全子会社化に合意したと発表した。

    パナソニックは取締役会において、両子会社の普通株式に対する公開買付けの開始を同時に決議し、パナソニック電工と三洋電機は各社の株主に対し本公開買付けに応募することを勧める旨の決議を行った。

    (以下略)

    ブランド統一は完全子会社化が済む2011年度以降になるらしい。確かに白物家電はパナソニックと三洋がかぶったりするので、整理しても良いだろう。
    だけど、デジカメとかニッケル水素電池はどうするのだろうか?
    デジタルムービーカメラXactiシリーズは他社にはない毛色の商品であるが、Panasonicのロゴが入って継続販売されるのか?
    さらに充電式ニッケル水素電池のエネループの扱いはどうするのか? パナソニックのエボルタよりも三洋のエネループの方が有名のように思える。ここはPanasonicのエネループとして販売するのだろうか?
    私がよく使っている三洋製品は、エネループくらいしかないのだが、ちょっと気になる。


    ■関連記事
    松下からパナソニックへ (2008年01月11日)


    ■関連リンク
    【CNET Japan】パナソニック、パナ電と三洋を完全子会社化--ブランド名はパナソニックに統一
    【日本経済新聞】パナソニック大坪社長「3社結集し、ナンバーワンに」
    【日本経済新聞】三洋電社長、パナソニックにブランド統一「利益の最大化に」
    【産経新聞】パナソニック、三洋電機とパナ電工の完全子会社化 8月23日からTOB
    【REUTERS】パナソニックが三洋・パナ電工を完全子会社化、買収総額8100億円
    【読売新聞】「SANYO」消滅、パナソニックに統一へ



    松下からパナソニックへ 世界で戦うブランド戦略 (アスキー新書)

    松下からパナソニックへ 世界で戦うブランド戦略 (アスキー新書)

    • 作者: 大河原 克行
    • 出版社/メーカー: アスキー・メディアワークス
    • 発売日: 2009/04/09
    • メディア: 新書



    posted by fullmoon-pon at 22:52 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(1) | ニュース(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | はてなブックマーク - Panasonicブランドに統一のため、SANYOブランド消滅へ
    にほんブログ村 ポータルブログへ 人気blogランキング
    この記事へのコメント
    コメントを書く
    お名前: [必須入力]

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント: [必須入力]


    この記事へのトラックバック

    SANYO gopan
    Excerpt: NEW-eneloop-サンヨーエネループ単3形エネループ4個付2倍速・3倍速対応急速充電器セットN-TGR01AS [NTGR01AS] SANYO商品価格:2,870円レビュー平均:4.79 デジ..
    Weblog: もっともナウい(笑)ニュースダイジェスト
    Tracked: 2010-07-30 22:50