にほんブログ村 ポータルブログへ 人気blogランキング
    Blogtimes

    2010年09月30日

    地球に最も似た惑星を発見

    アメリカの天文学者が、生命が存在できる可能性がある惑星を発見したというニュース。

    http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/science-technology/2762565/6267614

    「グリーゼ581g」という惑星は地球から約20光年先にある。
    恒星と惑星の距離が適切で、大気を保持するだけの重力がある上、惑星表面に水が存在する可能性がある。ただ、常に同じ面を恒星に向けて公転しているのがちょっと気になる。

    20光年というのは、天文学的には非常に近所である。とは言え、地球上的には結構な距離であるので、ちょっと計算してみた。こういう時はGoogleの電卓機能を使うのがいい。日本語で「20光年をkmで」と問い合わせれば 1.89210568 × 1014 km、大体190兆kmと答えが出る。

    あと数億年観測していれば、生命体が確認できるかも。


    ■関連リンク
    【読売新聞】第2の地球?20光年先に最も似た惑星
    【Techinsight】【海外仰天ニュース】太陽系外に地球型惑星「Gliese 581g」発見
    【47NEWS】地球に最も似た惑星発見 NASA「生命の可能性」



    宇宙に知的生命体は存在するのか (ウェッジ選書)

    宇宙に知的生命体は存在するのか (ウェッジ選書)

    • 作者: 佐藤 勝彦
    • 出版社/メーカー: ウェッジ
    • 発売日: 2008/01
    • メディア: 単行本




    「地球外生命体の謎」を楽しむ本

    「地球外生命体の謎」を楽しむ本

    • 作者: 長沼 毅
    • 出版社/メーカー: PHP研究所
    • 発売日: 2010/04/16
    • メディア: 単行本(ソフトカバー)



    タグ:惑星
    posted by fullmoon-pon at 23:35 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース(海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | はてなブックマーク - 地球に最も似た惑星を発見
    にほんブログ村 ポータルブログへ 人気blogランキング
    この記事へのコメント
    コメントを書く
    お名前: [必須入力]

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント: [必須入力]


    この記事へのトラックバック