にほんブログ村 ポータルブログへ 人気blogランキング
    Blogtimes

    2006年04月16日

    電話代の請求が2京5800兆円

    マレーシア男性宅に806兆4000億リンギットの請求が来た。日本円に換算すると、2京5800兆円になる。
    金額を13桁間違えたらしいのだが、どこをどうすれば13桁も間違えるのか理解できない。請求書には、そんなにたくさんのゼロを入れるスペースがあるのか。

    【ZAKZAK】2京5800兆円!届いた電話代請求書に「失神寸前」
     マレーシアの男性にこのほど、金額を13けた誤り、806兆4000億リンギット(約2京5800兆円)もの電話代支払いを求める請求書が届いた。

     実際の電話代は、80.64リンギット(約2580円)。しかも、男性は既に死亡しており、父親に代わって息子が支払いを済ませていた。

     息子は、請求書を見て「失神寸前」に。電話会社は、請求書を送った電話代取り立て業者の「ミス」としている。(クアラルンプールAP)

    ZAKZAK 2006/04/14


    Googleには、電卓機能による通貨換算ができるので、ちょっと計算してみた。

    1マレーシアリンギットを円」に換算すると「32.3112427 円」となる。
    ちなみに貨幣単位は「マレーシアリンギット」と指定しなければいけなさそうである。

    問題の806兆4000億リンギットである。
    Googleは「兆」を入力しても認識できないようなので、「億」に換算して入力した。
    8064000億マレーシアリンギットを円 」に換算した結果が
    8 064 000億マレーシアリンギット = 26 055.7861 兆円
    である。

    本当にもう、いやがらせのレベルを超越した金額である。
    posted by fullmoon-pon at 08:06 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース(海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | はてなブックマーク - 電話代の請求が2京5800兆円
    にほんブログ村 ポータルブログへ 人気blogランキング
    この記事へのコメント
    コメントを書く
    お名前: [必須入力]

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント: [必須入力]


    この記事へのトラックバック