にほんブログ村 ポータルブログへ 人気blogランキング
    Blogtimes

    2006年04月27日

    痔専用トイレットペーパー販売

    高知県土佐市の製紙会社が痔に悩む人専用のトイレットペーパーを開発、ネット通販を始めた。(http://www.habutae.net/

    【高知新聞】痔専用トイレットペーパー 望月製紙がネット販売
     望月製紙(土佐市北地、森沢良水社長)はこのほど、痔(じ)に悩む人専用のトイレットペーパー「羽二重」を開発。同商品に特化したホームページを開設し、販売を始めた。
     同社は長年柔らかいトイレットペーパーの開発に取り組む中で、効果的な販売方法を模索。インターネットの検索サイトで「痔」と入力して検索する件数が多いことに気付き、痔を患う人に的を絞って売り出すことを考え付いた。

     素材のパルプは最高級原料を独自にブレンドし、柔らかさ、厚み、吸水性を追求。紙を人工的に柔らかくするローション(薬液)は使わず、自然のままに仕上げた。「羽毛のような肌触りと柔軟性がある」ことから商品名を付けたという。

     同商品だけを紹介するホームページ(http://www.habutae.net)を開設し、そこからのみ販売。価格は1ロール300円、16ロール入りの1ケースが3200円で、別途送料が必要。

     森沢社長は「痔専用トイレットペーパーは世界初だと思う。痔には柔らかい紙を、ということをアピールしていきたい」と話している。

    (以下略)

    件の通販サイトを見ると、値段は以下のとおり。(送料は全国一律600円)
    1ケース16ロール →販売価格3,200円
    2ケース32ロール →販売価格6,080円(5%OFF・320円お得!)
    3ケース48ロール →販売価格8,640円(10%OFF・960円お得!)

    従来品よりも1桁高いのである。

    この製品のセールスポイントは、紙質が非常に柔らかいこと。しかし、これを言ってしまったら、元も子も無いのだが、痔のためだったら、温水洗浄便座を導入した方が得策だと思う。
    本格的な物だと10万円くらいはするのだが、簡易取り付けタイプだったら、1〜2万円くらいで済む。
    もっとも、水洗トイレでない家庭だったら、件のトイレットペーパーを使ったらいいとは思うが。
    posted by fullmoon-pon at 22:55 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | はてなブックマーク - 痔専用トイレットペーパー販売
    にほんブログ村 ポータルブログへ 人気blogランキング
    この記事へのコメント
    コメントを書く
    お名前: [必須入力]

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント: [必須入力]


    この記事へのトラックバック