にほんブログ村 ポータルブログへ 人気blogランキング
    Blogtimes

    2006年04月30日

    柏餅の葉っぱ

    柏餅。柏の葉で包むので「柏餅」だと思っていたのだが、西日本方面では、サルトリイバラで包んでいるとか。

    【朝日新聞】かしわもち包む葉は関西と関東で違う?
     かしわもちを包む葉は関東ではカシワが多いのに比べ関西ではサルトリイバラが多い――。県立人と自然の博物館(三田市)の服部保・研究部長らのチームが、こんな研究成果を、29日から同館4階の「ひとはくサロン」で紹介する。

     植物と人のかかわりを研究している服部さんらチームの4人は、端午の節句に欠かせない、かしわもちとちまきについて、3カ月かけて文献や聞き取りで分布などを調べた。

     その結果、ちまきについては、関東では食されることが少ない▽日本海側では主にササで巻かれ、近畿や四国、九州北部ではカヤで巻かれることが多い▽沖縄ではゲットウの葉で包まれる、ということがわかった。

     また、サルトリイバラで包まれるかしわもちは関西以西が多かった。
     このほか、ちまきは中にあんがなくて主食的だが、かしわもちはあんが入っていて間食的だ、としている。

    (以下略)

    私自身、サルトリイバラなんていう植物は、見たことも聞いたこともない。柏餅と言えば、柏の葉で包んだ柏餅しか見たことがない。
    (少なくとも関東地方では。)
    ネットで検索してみると、確かなのかどうかは不明だが、サルトリイバラを使いだしたのは、西日本で柏が入手できない時期があったからと書いてあるサイトもあった。それから、サルトリイバラで包んだ餅は取れやすいらしい。

    以下はサルトリイバラに関するリンク。
     http://had0.big.ous.ac.jp/plantsdic/angiospermae/monocotyledoneae/liliaceae/sarutoriibara/sarutoriibara.htm
     http://www.e-yakusou.com/yakusou/154.htm
     http://boroboro.seesaa.net/article/11832695.html
     http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/BotanicalGarden/HTMLs/sarutoriibara.html
     http://www.kyoto-np.co.jp/kp/koto/sanyaso/san140.html

    「サルトリイバラ」は漢字で書くと「猿捕り茨」になるらしい。
    posted by fullmoon-pon at 23:43 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | はてなブックマーク - 柏餅の葉っぱ
    にほんブログ村 ポータルブログへ 人気blogランキング
    この記事へのコメント
    コメントを書く
    お名前: [必須入力]

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント: [必須入力]


    この記事へのトラックバック