にほんブログ村 ポータルブログへ 人気blogランキング
    Blogtimes

    2006年05月16日

    フタバスズキリュウにようやく学名

    38年前、大型爬虫類の化石が日本国内で初めて発見され、当時は大ニュースになった。発見者の鈴木さんの名前を取り、「フタバスズキリュウ」という和名で呼ばれていたが、新種であることが確認され、今回ようやく学名が付いた。

    【産経新聞】首長竜フタバスズキリュウに学名 発見から38年
     福島県いわき市で三十八年前に化石が見つかった首長竜「フタバスズキリュウ」に学名が付けられることになり、「フタバサウルス(属)・スズキイ(種)」と命名したと、国立科学博物館が十五日発表した。十九日発行の英国古生物学会誌に論文が掲載される。

     フタバスズキリュウは昭和四十三年、いわき市の大久川の地層(双葉層群)から背骨などが露出しているのを、高校生だった鈴木直さん(54)が発見した。二年がかりで全身の約70%の化石が発掘され、発見者と地層にちなんで「双葉鈴木竜」の和名で呼ばれてきた。

     全長六−九メートルで、約八千五百万年前の後期白亜紀に生息した首長竜のエラスモサウルス類であることが分かっていた。しかし、当時は首長竜の分類研究が世界的に進んでいなかったために学名の要件となる属や種の判別にはいたらなかった。

     国立科学博物館の佐藤たまき研究員らは、他の首長竜と詳しく比較した結果、フタバスズキリュウは上腕骨が大腿骨より長くて太いなど十以上の違いがあり、エラスモサウルス類の中では原始的なタイプの新属、新種にあたるとした。

     国立科学博物館の真鍋真・主任研究員は学名について「親しまれてきた和名から、かけ離れた学名にしない方がよいと考えた」と話す。

     種名の「スズキイ」は人名に由来することを示すラテン語表記で、いわき市アンモナイトセンターの主任研究員として現在も古生物研究を続ける鈴木さんは「研究者の長年の苦労ですばらしい学名が付き、発見者としてその光栄に浴することができてうれしい」と話している。人気アニメ映画にも取り上げられ、長く親しまれてきた「フタバスズキリュウ」の呼び名も和名として残る。

    これに関連し、平成18年5月16日(火)〜6月18日(日)、国立科学博物館で所蔵しているフタバスズキリュウの頭部、胸部、ヒレの実物標本展示がある。
     http://www.kahaku.go.jp/event/2006/05hutaba/

    種名の「スズキイ」の「イ」って何だろうと思い、ちょっと調べてみたら、それっぽい記述があった。
    【生物の名前と分類】固有名詞に由来する学名の作り方
     次に、人名を属格化するには、現代人の場合は語幹は人名そのままで、男性の場合は“〜i”、女性の場合は“〜ae”(ただし語幹が“〜a”で終わる場合は“〜e”)、男性複数または女性を含む場合は“〜orum”、女性複数の場合は“〜arum”という語尾を付けます。男性一人に献名される場合が多いので、“〜i”の語尾が最も多いです(例えば前述の temmincki や schlegeli など)。

    なので、これの学名を横文字で書くと、多分「Futabasaurus suzukii」になるのだろう。

    ちなみに産経の記事中にある「人気アニメ映画」とは、ドラえもんのこと。『のび太の恐竜』『のび太の恐竜2006』に登場する首長竜である。


    ■関連リンク
    【朝日新聞】フタバスズキリュウ 発見から38年「首長竜の新種」
    【読売新聞】フタバスズキリュウは新種だった…発見38年後に断定
    【Wikipedia】フタバスズキリュウ
    posted by fullmoon-pon at 20:22 | 東京 🌁 | Comment(2) | TrackBack(0) | 生き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | はてなブックマーク - フタバスズキリュウにようやく学名
    にほんブログ村 ポータルブログへ 人気blogランキング
    この記事へのコメント
    はじめまして。

    私も「イ」が気になっちゃって…(笑)。

    それでこちらのブログを発見しまして、トラックバックもさせていただいてしまいました。

    いやぁ、勉強になりました。面白かった。
    内容豊富なブログですねぇ。すごい!!
    Posted by ハフハール at 2006年05月16日 23:29
    コメントありがとうございます。
    私も命名について調べてみて、なるほどと思ってしまいました。
    Posted by fullmoon-pon at 2006年05月17日 02:26
    コメントを書く
    お名前: [必須入力]

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント: [必須入力]


    この記事へのトラックバック