にほんブログ村 ポータルブログへ 人気blogランキング
    Blogtimes

    2011年03月20日

    30km以上先を映すカメラ

    このところ、福島第一原発に放水する様子が報じられているが、NHKでは30km以上離れた先から撮影した。
    当日は天気が良かったとはいえ、30km以上先を飛行しているCH-47(胴体長15.54m)の姿が認識できる程度に映せるのは驚異的である。そのカメラとは…。

    【サンケイスポーツ】NHK秘密兵器30キロ超望遠カメラだ!
    (略)

    その様子を30キロ以上離れた位置から撮影したのは、NHKが誇る1台3000万円の高性能カメラだ。同局と昭和機械製作所、開発・研究支援技術サービス会社「テクニカ」が共同開発し、世界に3台しかないという極超望遠ズーム光学系超高感度ビデオカメラシステムで、鮮明な映像を全国へ届けた。

    (以下略)

    1台3000万円。最大1250倍ズームで100km先の撮影が可能という。しかも世界に3台しかないのに、いずれもNHKが所有している。

    皆既日食を撮影したカメラといい、ハイジャック機の実況中継に用いた超高感度カメラといい、なんだかんだでNHKの機材力は他の民放とは比べものにならないのである。


    ■関連リンク
    【産経新聞】30キロ超望遠カメラ、NHKの秘密兵器
    【Wikipedia】CH-47_(航空機)


    Kenko ミラーレンズ 800mm F8.0 DX M800mmF8DX / ケンコー

    Nikon AIAFS ED 400 F2.8D2 IF BK / ニコン

    Canon EF Lレンズ EF800mm F5.6L IS USM EF80056LIS / キヤノン
    タグ:NHK カメラ
    posted by fullmoon-pon at 19:56 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | はてなブックマーク - 30km以上先を映すカメラ
    にほんブログ村 ポータルブログへ 人気blogランキング
    この記事へのコメント
    コメントを書く
    お名前: [必須入力]

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント: [必須入力]


    この記事へのトラックバック