にほんブログ村 ポータルブログへ 人気blogランキング
    Blogtimes

    2006年07月21日

    欽ちゃん球団解散は回避なのか

    前日は「欽ちゃん球団解散へ」を書いたのだが、解散という方向は微妙な線になってきた。

    【ZAKZAK】欽ちゃん一転、続投宣言…みのもんたに励まされ
     元極楽とんぼの山本圭一(38)のハレンチ事件で19日夕、茨城ゴールデンゴールズの解散を突然宣言した同チーム監督でタレントの萩本欽一さん(65)が20日午前放送のTBS系「みのもんたの朝ズバッ!」に電話インタビューで出演。欽ちゃんは「選手は野球をやる環境を」と、前日の解散会見から一転、事実上の続投宣言をした。球団事務局も「年内は試合続行で調整」としており、球団消滅という最悪の危機は回避できそうだ。

     萩本さんは「たくさんのカメラさんの前で、とりあえず気持ちよくゴメンしようと思ってね。で、とりあえずごめんなさいというのが『やめます』って言っちゃってさ」と電光石火の解散宣言について、“言い過ぎ”を認めた。

     みのさんが「もう一度、欽ちゃんの考えを出してくださいよ」と呼びかけると、萩本さんは「そうだよね。弱ったなー。選手は野球をやる環境をね、やってほしいね。そこを考えなきゃいけないね」とチーム続投を示唆した。

     その後もみのさんが翻意を促すと、萩本さんも「みんな応援してくれたんだよね」「そういうありがたさをもう少し考えて何かしなきゃいけないことがわかったよ」と答えた。そして「選手、やめるんじゃないぞ。そうだ! 王さんも『野球、今度やろうね』って言ってくれたんだし。そんなありがたいことを忘れちゃって欽ちゃん、バカだね」と、あの欽ちゃん口調で語り、チーム解散を撤回した。

    (以下略)


    解散宣言はやはり、監督がものの勢いで言ってしまったのだろうか。

    現在、茨城ゴールデンゴールズのサイトから「Top」をクリックすると、こんなコメントが出ている。
    この度は、山本選手の事件について、
    皆さまをお騒がせしている件は深くお詫びいたします。

    事務局としても今回の事は真摯に受け止めて対応していきたいと考えております。


    一夜開けて、萩本監督の解散発言をニュースで見た沢山のファンの方々から、
    事務局に温かい励ましの言葉が届いています。

    監督・選手共々、いかに沢山の人々や関係者の応援に、
    ゴールデンゴールズが支えられていたかを
    改めて認識いたしました。

    何よりファンの方々の声を大切にするためにも、今後のスケジュールに関しては、
    関係者や応援していただいた皆様への責任もございますので、
    慎重に協議し検討していく次第です。


    この解散問題、まだまだ後を引きそうな気配。
    posted by fullmoon-pon at 02:18 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(2) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | はてなブックマーク - 欽ちゃん球団解散は回避なのか
    にほんブログ村 ポータルブログへ 人気blogランキング
    この記事へのコメント
    コメントを書く
    お名前: [必須入力]

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント: [必須入力]


    この記事へのトラックバック

    欽ちゃん球団は存続
    Excerpt: 今や国民的関心事になってしまった「欽ちゃん球団」こと「茨城ゴールデンゴールズ」の解散問題。このたびめでたく存続することが7月22日に明らかになった。これがまた「NHKニュース7」でも報道してしまうとい..
    Weblog: じブんログ
    Tracked: 2006-07-22 22:25

    欽ちゃん球団でなぞかけを思いつきました。
    Excerpt: 毎日楽しいなぞかけをつくっています。結構真面目な内容ですよ。「欽ちゃん球団」とかけて・・・
    Weblog: なぞかけブログ
    Tracked: 2006-07-24 10:58