にほんブログ村 ポータルブログへ 人気blogランキング
    Blogtimes

    2006年08月08日

    「%n」や「%S」で携帯電話が強制再起動

    つい先日、NTTドコモやボーダフォンのシャープ製端末で不具合騒ぎがあったが、今度はauの携帯電話に不具合が出た。
    日立製作所製「W42H」、カシオ計算機製「W42CA」で、メール作成時に「%n」「%S」等を入力した時や、それらの文字列が入っている受信メールを表示すると、強制的に端末が再起動するという。

    【ケータイWatch】auのW42CAとW42Hに強制再起動する不具合
     auのW42CAとW42Hに、特定の文字列で端末が強制的に再起動してしまうバグがあることがわかった。

     不具合は、メール作成時に特定の文字列を入力すると再起動するというもの。また、特定の文字列を含むメールを受信して表示した場合でも再起動する。この特定の文字列とは、「%n」および「%S」のことで、「%」と「n」の間に0〜255の半角数字や「+」「-」がある場合も該当する。

    (以下略)


    受信メールに問題の文字列が入っていても、不具合を起こすというのが、厄介である。自分でその文字列を入力しないということは、心掛けることはできるのだが。

    それにしても、「%n」「%S」というのは、C言語のprintf関数で使っている物では?
    メール機能関連のプログラムをC言語で書いていて、何かチョンボをやりましたね?

    このバグを発見した人も、ひょっとしたら、C言語で書いたプログラムのソースファイルを携帯電話で送信または受信しようとしたとか?
    そうしたら、端末が不具合を起こし、今回の一件になったのではないかと想像したりする。


    ■関連記事
    「みられまくっちゃ」で携帯電話がフリーズ (2006年07月07日)


    ■関連リンク
    【毎日新聞】KDDI:「au」の携帯電話2機種で不具合
    Manpage of PRINTF
    posted by fullmoon-pon at 02:11 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | モバイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | はてなブックマーク - 「%n」や「%S」で携帯電話が強制再起動
    にほんブログ村 ポータルブログへ 人気blogランキング
    この記事へのコメント
    コメントを書く
    お名前: [必須入力]

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント: [必須入力]


    この記事へのトラックバック