にほんブログ村 ポータルブログへ 人気blogランキング
    Blogtimes

    2011年12月14日

    カレンダーに暴力団関係者が写っていたので回収

    焼津市が2012年市民カレンダーを配布した。しかし、8月の写真に暴力団関係者が写っているのが分かったため、回収・再作成することになった。
    祭りの写真で、画面中央で両手を上げている人物が当該者だそうで。

    【静岡新聞】カレンダーに暴力団員 焼津市、5万部超自主回収
     焼津市が製作した来年用の「焼津市民カレンダー」に掲載された写真の1枚に暴力団員が写っていたとして、同市は12日、配布済みのカレンダー5万5500部を自主回収すると発表した。県警によると、暴力団関係者の写真の掲載を理由にした印刷物の自主回収は、県内自治体では例がないという。
     同市によると、問題となったのは、同市で毎年夏に開かれる「焼津神社大祭」を題材にした写真で、みこしを担ぐ群衆の中央に暴力団員の男性1人が写っていた。同市観光協会主催の市観光フォトコンテストの入賞作品で、昨年8月に静岡市の男性が撮影した。
     市が今月に入り市民に配布を始めたところ12日に担当部局外の市職員から指摘があり、市幹部が焼津署で男性が組員であることを確認。市は今後、別の写真でカレンダーを再発行する。再発行の経費は約250万円という。

    (以下略)


    最大の疑問はどうしてそれが分かったのか? 顔に「暴力団」って書いてあったわけでもあるまいし。
    担当部局外の市職員から指摘があったという。市役所の人にも顔が知られた大人物なのかと思っていたら、こちらのニュース動画。

    【テレビ朝日】カレンダーの写真に暴力団員の姿…焼津市が回収

    祭りの関係者が指摘したとのこと。つまり、市役所の人がいきなり指摘した訳ではなく、

     祭り関係者 → 市役所の担当部局外の人 → 市役所の担当部局の人

    という感じで情報が伝わったのだろうか? だったら話は分かる。

    今回は写真の真ん中に写っていたから問題になったのだが、隅に小さく写っていたらどうするのか? 果たして見つけられるのだろうか?

    再発しないよう、今後気を付けると言っても、市役所に暴力団関係者を把握している担当課があるわけでもないでしょ?
    結局は写真に写ったイベントの関係者から事情聴取するくらいしか方法はないけど、全員が把握できるわけでもないし。
    あとは人物撮影した写真は不採用とするとか?


    ■関連記事
    2012年版みやざき観光カレンダーで日付の誤植 (2011年11月17日)


    ■関連リンク
    【読売新聞】市民カレンダーに組員写真…5万5千部回収へ
    【毎日新聞】静岡・焼津市:カレンダー回収 祭り写真に暴力団員
    【朝日新聞】8月写真に組員/焼津市12年カレンダー


    AKB48オフィシャルカレンダーBOX2012 CHEER UP!〜あなたに笑顔届けます〜 [カレンダー] / 小学館 (著); 小学館 (刊) ヱヴァンゲリヲン新劇場版 [2012年 カレンダー] [カレンダー] / ムービック (株式会社 ハゴロモ) (刊) ナショナル ジオグラフィック カレンダー2012 世界にひとつの風景 [カレンダー] / ナショナル ジオグラフィック (編集); 日経ナショナル ジオグラフィック社 (刊)
    posted by fullmoon-pon at 22:52 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | はてなブックマーク - カレンダーに暴力団関係者が写っていたので回収
    にほんブログ村 ポータルブログへ 人気blogランキング
    この記事へのコメント
    コメントを書く
    お名前: [必須入力]

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント: [必須入力]


    この記事へのトラックバック