にほんブログ村 ポータルブログへ 人気blogランキング
    Blogtimes

    2006年09月30日

    YS-11が旅客輸送から引退

    9月30日、旅客輸送を行っていた最後のYS-11の運行が鹿児島県であり、各ニュース番組でも放送していた。

    【読売新聞】国産旅客機YS―11、惜しまれながら引退
     唯一の国産旅客機YS―11が30日夕、沖永良部(おきのえらぶ)空港(鹿児島県和泊町)から鹿児島空港(同県霧島市)へのラストフライトを終え、国内旅客路線から姿を消した。

     鹿児島空港では、運航した日本エアコミューター(JAC)によるセレモニーがあり、パイロットや整備士らが、40年以上にわたり活躍した名機の引退を惜しんだ。

     YS―11は官民出資の特殊法人・日本航空機製造(1982年解散)が開発した64人乗りのプロペラ機で、「YS」は基本設計を手がけた財団法人「輸送機設計研究協会」の頭文字。70年代前半までに182機が製造された。62年に初飛行し、64年には東京五輪の聖火を乗せて列島上空を飛んだ。

     2001年の航空法改正で、来年から多額の費用を伴う安全装置の更新が義務づけられ、国内路線を持っていたエアーニッポン(ANK)とJACがともに撤退を決定。ANKは03年8月に運航をやめていた。


    私も流石に鹿児島まで見に行くことはできないので、テレビのニュースを見るだけである。飛ぶYS-11なら、航空自衛隊入間基地YS-11が見られるし。今年も埼玉県や東京都で飛んでいるのを見た。

    ちなみに、機体はまだ使えるので、フィリピンに輸出し、引き続き使用するらしい。


    ■関連記事
    YS-11、引退に伴い特別装飾機運行 (2005年12月09日)


    ■関連リンク
    【Wikipedia】YS-11
    【日刊スポーツ】YS11最後のフライト「日本の翼」に別れ
    【東京新聞】「日本の翼」に別れ 国産YS11が旅客輸送引退
    【日本経済新聞】国産旅客機YS11が引退・航空ファンがお別れ
    【中日新聞】YS11最後の飛行
    【朝日新聞】初飛行から44年、国産の翼「YS11」国内便から引退
    【毎日新聞】YS11:「本当にご苦労さん」元テストパイロット漏らす
    posted by fullmoon-pon at 22:49 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(2) | ニュース(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | はてなブックマーク - YS-11が旅客輸送から引退
    にほんブログ村 ポータルブログへ 人気blogランキング
    この記事へのコメント
    コメントを書く
    お名前: [必須入力]

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント: [必須入力]


    この記事へのトラックバック

    国産旅客機YS―11、惜しまれながら引退
    Excerpt: 唯一の国産旅客機YS―11が30日夕、沖永良部(おきのえらぶ)空港(鹿児島県和泊町)から鹿児島空港(同県霧島市)へのラストフライトを終え、国内旅客路線から姿を消した。 鹿児島空港では、運航した日..
    Weblog: 所謂雑感
    Tracked: 2006-09-30 23:48

    日本産旅客機YS-11が引退。44年の歴史に幕。
    Excerpt: 44年前に、試験飛行から誕生した日本初の国産旅客機YS-11型機が9月30日をもって、定期便から退役した。 最終便は、日本エアーコミューターJACの沖永良部から鹿児島行きの便だった。 YS-11は..
    Weblog: Backpackerかく語りき♪快晴じゃーなる♪
    Tracked: 2006-10-01 21:16