にほんブログ村 ポータルブログへ 人気blogランキング
    Blogtimes

    2006年10月01日

    富士スピードウェイでのF1日本GPは5年契約

    2007年F1日本グランプリは富士スピードウェイ開催する。これまでは契約期間が明らかになっていなかったのだが、どうも2007年〜2011年の5年契約らしい。これまで、鈴鹿サーキットの時も5年単位で契約していたので、やはりという感じである。

    【読売新聞】F1鈴鹿開催5年間は困難…FOA会長
     【上海=小島雅生】自動車のF1世界選手権に関し、興行面を取り仕切るF1アドミニストレーション(FOA)のバーニー・エクレストン会長は30日、第16戦中国GPが開催される上海で取材に応じ、「日本GP開催場所として、富士スピードウェイと2007年からの5年契約を結んでいる」と確認した。

     さらに「1か国、1GPの原則は厳密に実施される」と語り、富士との契約が終了する11年までは鈴鹿でのF1開催の可能性がきわめて薄いことを明らかにした。

    「本当」に1ヶ国1GPの原則を貫くのであれば、2011年までの鈴鹿開催は無理である。現在、サンマリノGPとヨーロッパGPは、来年のスケジュール予定から外れているが、サンマリノGPは復活するかもしれないという説が流れている。バーニーの言うことが本当に本当なら、この2ヶ所の復活は、今後もないはずであるが…。この人の言うことも、どこまで信用すべきなのか。


    ■関連記事
    鈴鹿サーキット、2007年F1開催断念 (2006年09月22日)
    2007年のF1日程発表 (2006年08月30日)
    2007年F1日本GPは富士開催 (2006年03月25日)
    posted by fullmoon-pon at 23:33 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | はてなブックマーク - 富士スピードウェイでのF1日本GPは5年契約
    にほんブログ村 ポータルブログへ 人気blogランキング
    この記事へのコメント
    コメントを書く
    お名前: [必須入力]

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント: [必須入力]


    この記事へのトラックバック