にほんブログ村 ポータルブログへ 人気blogランキング
    Blogtimes

    2012年08月04日

    東京タワーが333mに復活

    2012年7月19日の「東京タワーが18m縮んでいます」のその後。
    8月3日午前、タワー先端部の交換を終え、本来の高さに戻った。形状は以前の物とはちょっと違うとのこと。

    【東京新聞】東京タワー 333メートル復活
    東京タワー(東京都港区)が三日午前、東日本大震災の揺れで曲がった先端部のアンテナ支柱(長さ約二十五メートル)の交換工事を終えた。工事期間中は、一九五八年の開業後初めて本来の高さ三百三十三メートルより低くなっていた。
     タワーを運営する日本電波塔によると、先端に向かってやや細くなる円柱状の旧型に対し、取り付けた新しい支柱は耐震性が高い真っすぐな四角柱になっている。同社広報課は「これまでより少し太い印象を受けるかもしれない」としている。

    (以下略)

    先端部が無かった頃と交換完了後の比較写真はこちらから
    【MSN産経フォト】東京タワー、333メートルに復活

    先月、交換工事中のタワーを見に行ったのだが、その時点でも結構な高さに戻っていた。あと1週間早く行っていれば、もっと短い状態の物が見られたのだが。


    ■関連リンク
    【AV Watch】東京タワーの高さが333mに戻る。支柱の更新工事完了
    【日刊スポーツ】東京タワーが少し太くなって? 復活


    1/2000 彩色済み情景モデル 東京タワー / 童友社 東京タワー50年―戦後日本人の“熱き思い”を (日経ビジネス人文庫) [文庫] / 鮫島 敦 (著); 日本電波塔 (監修); 日本経済新聞出版社 (刊) GOLD DIGGER / 角松敏生 (CD - 1994)
    posted by fullmoon-pon at 05:49 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | はてなブックマーク - 東京タワーが333mに復活
    にほんブログ村 ポータルブログへ 人気blogランキング
    この記事へのコメント
    コメントを書く
    お名前: [必須入力]

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント: [必須入力]


    この記事へのトラックバック