にほんブログ村 ポータルブログへ 人気blogランキング
    Blogtimes

    2007年01月07日

    差別語含む魚を改名へ

    日本魚類学会が差別的言葉を含む魚の和名を改名するらしい。こういう行為には、どうも引っかかるものがある。

    【読売新聞】「バカジャコ」はダメ、差別語含む魚30種を改名へ
     日本魚類学会(松浦啓一会長)は、「バカジャコ」「イザリウオ」など差別的な言葉を含んだ魚の標準和名を改名する。

     見聞きした人を精神的に傷つけたり、不快感を与えたりすることがある上、博物館や水族館などが別名への言い換えをバラバラに行う例も多く、混乱を解消すべきだと判断した。今月中に正式決定する。動植物や昆虫などにも差別語を含んだ標準和名が多いだけに、他学会にも影響を与えそうだ。

     改名するのは、日本魚類学会標準和名検討委員会が差別的と判断した「メクラ」「オシ」「ミツクチ」など九つの語を含む魚で、日本産の魚類約3900種のうち30種が対象。同様の言葉が「種」より上位の「属」や「科」などの分類単位に使われている例もあるため、計49の標準和名を同時に改名する。

     同委員会は、「クロメクラウナギ」を「クロヌタウナギ」、「オシザメ」を「チヒロザメ」などとする改名案を作成しており、近く学会の評議員会に提案する。新しい標準和名は学会以外に拘束力はないが、博物館や水族館などにも使用を呼びかける。

    (以下略)

    こんなことしても、前々から世間一般に存在し、根付いてしまった名前が早々変わるわけでもあるまいし。
    ちなみに同学会の「差別魚名改名案」にも載っているので、ざっとかいつまんでみたところ
    メクラウナギ → ホソヌタウナギ
    オキナメクラ → オキナホソヌタウナギ
    クロメクラウナギ → クロヌタウナギ
    オシザメ → チヒロザメ
    メクラアナゴ → アサバホラアナゴ
    セムシウナギ科 → ヤバネウナギ科
    バカジャコ → リュウキュウキビナゴ
    テナシハダカ → ヒレナシトンガリハダカ
    セムシイタチウオ → セダカイタチウオ
    イザリウオ科 → カエルアンコウ科
    セムシクロアンコウ → クロアンコウ
    セムシカサゴ → ニライカサゴ
    セッパリホウボウ → ツマリホウボウ
    セッパリカジカ → ミナミコブシカジカ
    セッパリサギ → セダカクロサギ
    ミツクチゲンゲ → ホソクチゲンゲ
    アシナシゲンゲ → オオクチノロゲンゲ
    テナシゲンゲ → ヒレナシゲンゲ
    セムシダルマガレイ → オオクチヤリガレイ
    などと色々ある。

    「いざり」が差別用語だとは知らなかった。辞書で「いざり(躄)」を調べると、足が立たない人のことも指すらしい。

    あと、「セッパリ」って何だ? 素で分からない。
    辞書に「せっぱります(背張鱒)」という項があり、それは「カラフトマス」の別名らしい。で、カラフトマスの写真が載っているサイトを見た感じ、どうも
     「セッパリ」→「背張り」→「セムシ」
    ということか?

    魚の名前ではないが、いつかそのうち「アホウドリ」「アホロートル」「バカガイ」という名称も使えなくなるかも。


    ■関連リンク
    【goo辞書】いざりうお(躄魚)
    【市場魚貝類図鑑】クロメクラウナギ
    【WEB魚図鑑】バカジャコ
    【魚類写真資料データベース】セムシイタチウオ
    【東海大学海洋学部水産学科】セムシクロアンコウ
    【ダイビングッド.com】セムシカサゴ
    【市場魚貝類図鑑】セッパリカジカ
    【WEB魚図鑑】セッパリサギ
    【岩手県水産技術センター】ゲンゲ科
    posted by fullmoon-pon at 18:40 | 東京 ☀ | Comment(4) | TrackBack(2) | 生き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | はてなブックマーク - 差別語含む魚を改名へ
    にほんブログ村 ポータルブログへ 人気blogランキング
    この記事へのコメント
    TBありがとうございました。

    魚名が改名されるとは由々しき問題ですね。
    なぜ、世の中こういう悪良識がはびこってしまうのでしょう。

    私の同内容を扱った記事に梅沢さんという方が「差別語」の問題について大変深い評論をされています。
    私はその卓越した意見に感嘆しました。
    お時間が許す時にfullmoon-ponさんも御覧になっていただけたら嬉しいです。
    Posted by あび卯月 at 2007年01月09日 18:51
    コメントありがとうございます。
    梅沢さんのコメントも読ませていただいております。
    動物の名前の件も、何をもって差別と見なすか、線引きをすることは難しいです。
    しかしながら私としては、その言葉を差別を思うこと自体が差別的だと思ったりします。
    Posted by fullmoon-pon at 2007年01月10日 13:36
    はじめまして。
    溜まった魚ネタを授業の小ネタに使えないかと思い、ブログという形でアウトプットしているものです。
    ちょっと気になる部分があったので書き込ませていただきました。

    >「アホウドリ」「アホロートル」「バカガイ」という名称も使えなくなるかも。


    Axolotl(アショロートル)はメキシコの言語で、これをスペイン語の発音にしたのがアホロートルになります。
    ゆえにアホロートルは大丈夫かと。
    どちらかというと、ウバザメにおけるバカザメとか、地方名が対象になるかもしれませんね。
    Posted by osakana at 2007年03月21日 23:40
    コメントありがとうございます。
    語源がちゃんと分かっている人はいいかもしれませんが、何も知らない人からすれば
     「アホとは何事だ」
    と怒る人がいるかもしれませんね。
    Posted by fullmoon-pon at 2007年03月22日 08:14
    コメントを書く
    お名前: [必須入力]

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント: [必須入力]


    この記事へのトラックバック

    差別語含む魚30種を改名へ
    Excerpt: 「バカジャコ」はダメ、差別語含む魚30種を改名へ  日本魚類学会(松浦啓一会長)は、「バカジャコ」「イザリウオ」など差別的な言葉を含んだ魚の標準和名を改名する。  見聞きした人を精神的に傷つけたり、..
    Weblog: あび卯月☆ぶろぐ
    Tracked: 2007-01-09 18:51

    ここ2日ばかりの来訪者傾向
    Excerpt: 2月1日といい、このブログ記事を書いている2日といい、ある特定のブログ記事に対するアクセスが激しく増加している。 検索エンジンや別サイトのリンク経由で「差別語含む魚を改名へ」に目指して来ているのである..
    Weblog: じブんログ
    Tracked: 2007-02-02 23:56