にほんブログ村 ポータルブログへ 人気blogランキング
    Blogtimes

    2007年02月10日

    カーレースの燃料が酒税対象

    4月にツインリンクもてぎで「INDY JAPAN」の開催がある。しかし、レースカーのエタノール燃料に酒税がかかりそうなことが分かった。

    【読売新聞】カーレースに酒税2000万円、エタノール燃料使用で
     米国を中心に行う自動車レース、インディカーシリーズの第3戦が4月19〜21日に栃木県のツインリンクもてぎで開催されるが、今季から導入されるエタノール燃料に関し、「酒税法」の適用を受けることが分かり、関係者は頭を抱えている。

     関係機関に適用除外を訴えているが、このままでは約2000万円の酒税がかかる可能性が高い。

     インディ500を含むインディカーシリーズは、従来は火災の際に水消火が出来るメタノールを燃料にしてきた。今季からは、環境問題に配慮し、植物が原料で再生可能なエタノールに切り替えた。

     米国内のレースで使われる燃料はエタノール98%に2%のガソリンを混入させ、「飲料として使用できない状態」にすることで、酒税の対象外としている。日本でも同様の燃料を使用する計画だ。しかし、日本では「90%以上のエタノールを含むものは、基本的に酒税の課税対象となる」(関東経済産業局産業部アルコール課)。仮に10%以上別成分を入れると、「エンジンが正常作動しない」ため、これは実現困難という。

     エタノールの卸売価格は1リットル約230円だが、100%近いエタノールにかかる酒税は1リットル当たり約1000円。大会でマシン20台が使用するエタノールは約2万リットル。酒税負担は約2000万円となる。ツインリンクは「エタノールは将来の自動車燃料としても注目度が急速に高まっている」と再検討を求めている。

    飲めない状態にしたエタノールでも酒税がかかるとは知らなかった。
    ということは、日本国内で高濃度エタノールで動く自動車を作っても、燃料業者に酒税がかかるということか? エタノール車普及前に酒税法改正が必要なのか?

    ちなみにレースカーがアルコール燃料だと、どういうメリットがあるかと言うと、漏れて火災が起こっても、水をかけて消せることである。(ガソリン燃料の場合、消火器で消化剤をかける)
    ただ、アルコールは炎が非常に見えにくいのがデメリットである。なので、レーサーやピットクルーに燃料がかかって燃えた場合、派手に手足を動かして、周囲の人にアピールしないと分かりにくいのである。


    ■関連リンク
    【INDY JAPAN】燃料(エタノール)
    【オートギャラリーネット】 IRLは今年からエタノール燃料に変更、理由のひとつは…
    【Wikipedia】アルコール燃料
    【Wikipedia】酒税法





    posted by fullmoon-pon at 13:09 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | はてなブックマーク - カーレースの燃料が酒税対象
    にほんブログ村 ポータルブログへ 人気blogランキング
    この記事へのコメント
    コメントを書く
    お名前: [必須入力]

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント: [必須入力]


    この記事へのトラックバック