にほんブログ村 ポータルブログへ 人気blogランキング
    Blogtimes

    2007年03月22日

    冥王星の分類の和名は「準惑星」に

    昨年、大揉めに揉めた「冥王星降格」騒動であったが、当時の分類の和名は「dwarf planet」を訳し「矮惑星」と言われていた。今回はそれが「準惑星」に決定しそうである。

    【産経新聞】冥王星は「準惑星」 日本学術会議が新名称
     惑星から“格下げ”された冥王星などの小天体について、分類上の新たな名称を検討していた日本学術会議の小委員会は21日、冥王星を「準惑星」と呼ぶことを決めた。4月の同会議幹事会で正式決定する。

     冥王星は昨年8月、国際天文学連合(IAU)総会で惑星から除外され、新たに定義された「ドワーフ・プラネット」という天体に分類された。これを受け同会議は、天文学者や教育関係者らで構成する小委員会を設置し、分類名の日本語訳を検討してきた。

     この日の会合では「準惑星」「矮(わい)惑星」「亜惑星」の3つの候補を議論。暫定的に使われていた直訳の矮惑星は「語感がよくない」などとされる一方、「日本語名は不要」との意見も出てまとまらず、多数決となった。

    (以下略)

    確かに「準惑星」が分かりやすいと思う。私も「矮」という字は、思い出せないので手では書けなかったりする。

    ちなみに私が今使っているATOK 2007は「矮惑星」が辞書登録されているせいか、「わいわくせい」の入力一発で変換できてしまった。
    念のため、「矮惑星」で単語登録しようとしたら、既に登録されていると怒られてしまった。


    ■関連記事
    ついに冥王星が惑星から除外 (2006年08月25日)


    ■関連リンク
    【毎日新聞】冥王星:分類名は準惑星、新定義対応の和名提言 学術会議
    【日本経済新聞】冥王星の新分類、日本語では「準惑星」に
    【読売新聞】冥王星、「準惑星」と表記…日本学術会議小委が最終案
    【朝日新聞】冥王星の分類の日本語訳は「準惑星」 日本学術会議小委
    【Wikipedia】冥王星




    posted by fullmoon-pon at 08:08 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(1) | ニュース(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | はてなブックマーク - 冥王星の分類の和名は「準惑星」に
    にほんブログ村 ポータルブログへ 人気blogランキング
    この記事へのコメント
    コメントを書く
    お名前: [必須入力]

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント: [必須入力]


    この記事へのトラックバック

    Dwarf Planetを日本語にすると
    Excerpt: 去年惑星の座から降格した冥王星は、新たに設けられた『Dwarf Planet』に分類された。 これの日本語表記は、仮称として『矮惑星』となっていた。それがこの度『準惑星』と表記することを推奨する、と発..
    Weblog: 勝手な言い分
    Tracked: 2007-03-22 11:24