にほんブログ村 ポータルブログへ 人気blogランキング
    Blogtimes

    2007年05月03日

    「南阿蘇水の生まれる里白水高原」駅の首位確定

    2007年4月1日に書いた「長い駅名ランキングが変わる?」のその後。
    それまで日本で一番長い駅名の首位だった「ルイス・C.ティファニー庭園美術館前(るいすしーてぃふぁにーていえんびじゅつかんまえ)」の駅名が「松江イングリッシュガーデン前」への変更が正式決定したため、これまで2位に落ちていた南阿蘇鉄道の「南阿蘇水の生まれる里白水高原」駅が再び首位に立つことが確定した。

    【時事通信】「日本一長い名前」に返り咲き=読みで22字、南阿蘇の無人駅−松江の駅名変更で
     日本一長い駅名の座を6年間奪われていた南阿蘇鉄道の「南阿蘇水の生まれる里白水高原」駅(熊本県南阿蘇村)が再びトップに返り咲くことが、3日分かった。現在最長の駅の名前が変更されて短くなるためで、同鉄道の津留恒誉専務取締役は「とてもうれしい。営業、地域振興面でも活用していきたい」と喜んでいる。

    (以下略)

    一畑電車からの発表は、以下のとおり。

    ■新着情報
    2007年4月25日(水) ルイス・C.ティファニー庭園美術館前駅の駅名変更について

     いつも一畑電車を御利用いただきまして誠にありがとうございます。
     ご存知のように、松江市西浜佐陀町にございます「ルイス・C.ティファニー庭園美術館前駅」は平成13年4月のルイス・C.ティファニー庭園美術館のオープンにあわせ、当時の「古江駅」から同美術館の名称を冠した駅名に変更し、日本一長い名前の駅として地元の方々はもちろん、全国の皆様からご愛顧いただいておりました。
    しかし、この3月31日の同美術館の閉館にあたって、従来の名称を使用し続けることは、お客様に誤解を与えかねないこともあり、関係機関とも協議・検討いたしました結果、駅名を「松江イングリッシュガーデン前」と改名することに決定いたしました。
     旧駅名と日本一長い駅名に対する思い入れはございますが、地域に根ざした鉄道会社としての最善の判断と考えておりますので、何卒ご理解と一層のご愛顧を申し上げる次第でございます。
     尚、駅名変更の日程につきましては、下記の通りでございます。

       駅名変更予定日  平成19年5月21日(月)

    ここに登場する「松江イングリッシュガーデン」とは何ぞやと思い、検索してみた。
    どうも、ルイス・C.ティファニー庭園美術館に隣接する施設で、同美術館閉館に伴い3月末から休業していたが、4月28日から再オープンしたらしい。
    休業やら再オープンやらで色々忙しい模様。そんなゴタゴタがあったから、駅名変更もすぐには行わなかったのだろうかと勘ぐってしまう。


    ■関連リンク
    【朝日新聞】「日本一長い名前」に返り咲き 南阿蘇鉄道の無人駅
    【山陰中央新報】松江のイングリッシュガーデン再開園
    【山陰中央新報】松江イングリッシュガーデン28日再オープン
    【Wikipedia】ルイス・C.ティファニー庭園美術館前駅
    【Wikipedia】南阿蘇水の生まれる里白水高原駅




    posted by fullmoon-pon at 23:01 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | はてなブックマーク - 「南阿蘇水の生まれる里白水高原」駅の首位確定
    にほんブログ村 ポータルブログへ 人気blogランキング
    この記事へのコメント
    コメントを書く
    お名前: [必須入力]

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント: [必須入力]


    この記事へのトラックバック