にほんブログ村 ポータルブログへ 人気blogランキング
    Blogtimes

    2005年06月29日

    宇宙戦争

    6月29日、映画『宇宙戦争』が世界同時ロードショーになる。

    映画の原題は『WAR OF THE WORLDS』。この映画は、H.G.ウェルズのSF小説『THE WAR OF THE WORLDS』が原作である。
    また、この小説は、若き頃のオーソン・ウェルズがラジオドラマとして放送。火星人が地球に襲来したことを実況したら、住民が本気にしてパニックになったことでも有名である。

    映画の邦題が『宇宙戦争』といかめしいタイトルになっているのは、当時の小説の邦題が『宇宙戦争』となっていたからであろう。

    ここで疑問が一つ。何で「世界の戦争」が「宇宙戦争」になるのか。
    辞書で調べると、どうも「world」には「宇宙」という意味もあるらしい。
    ただ、これを普通に宇宙空間と解釈してしまった場合、「world」の綴りが複数形である説明がつかない。
    それについてネットで調べてみると、どうやらこれは2つの世界(worlds)、つまり地球と火星の世界を指しているらしい。
    元々の小説は、「2つの世界の戦争」の様な意味になるとのこと。
    posted by fullmoon-pon at 23:48 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | よもやま話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | はてなブックマーク - 宇宙戦争
    にほんブログ村 ポータルブログへ 人気blogランキング
    この記事へのコメント
    コメントを書く
    お名前: [必須入力]

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント: [必須入力]


    この記事へのトラックバック