にほんブログ村 ポータルブログへ 人気blogランキング
    Blogtimes

    2007年07月12日

    トマトはどうやって食べるのか?

    普段は見ることがない番組TBSの「はなまるマーケット」をたまたま見た。ザッピングしていたら、その番組で小野リサが生で歌っているのを見かけたため、そのまま続けて見てしまったのであるが。

    その後、トマトに関する特集を放送。興味深い内容だったので、そのまま見てしまう。
    日本の場合、トマトに塩をかけて食べる人が多い。が、ごく少数ながら、砂糖をかけて食べる人がいるそうだ。
    私も初めて知った。これまで、自分の周りにトマトに砂糖をかけて食べる人など、一人も見たことがない。ただ、韓国では逆に砂糖をかけて食べる人の方が多いらしい。
    そしてヨーロッパでは、オリーブ油を使うのが一般的だとか。
    ちなみに司会の薬丸裕英は「砂糖醤油」派らしい。これはこれで超少数派である。

    トマトは切ってすぐに食べるよりも、切ってから塩を振りかけて20〜30分置いておくと味が濃厚になるらしい。塩が持つ脱水効果で水分が抜け、旨味が濃縮されるだそうで。
    これは面白い話を聞いた。せっかちな私は、トマトを切って即、塩を振りかけて食べていたのだった。

    今回(2007年7月12日)の「トマト」に関する特集のまとめはここから
     http://www.tbs.co.jp/hanamaru/tokumaru/t070712.html





    posted by fullmoon-pon at 23:23 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | はてなブックマーク - トマトはどうやって食べるのか?
    にほんブログ村 ポータルブログへ 人気blogランキング
    この記事へのコメント
    コメントを書く
    お名前: [必須入力]

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント: [必須入力]


    この記事へのトラックバック