にほんブログ村 ポータルブログへ 人気blogランキング
    Blogtimes

    2007年07月26日

    新生銀行を騙る新たなフィッシングメール

    2007年7月14日に「Subject: Illegaly accessed by outside parties!」で新生銀行のフィッシングサイトへ誘導するメールが来たことを書いたのだが、また新たなフィッシングサイト誘導メールが出回っているらしい。
    前回の詐欺メールはうちにも届いたのだが、今回のものは届いていない。

    偽のウェブサイト(フィッシングサイト)へ誘導するフィッシングメールにご注意ください(2007/7/25更新版)
    (略)

    平成19年7月24日より、偽のウェブサイト(フィッシングサイト)へ誘導させ、かつセキュリティ・カードの全文字を詐取しようとする新たなフィッシングメール(英語)が発信されていることが判明しました。(平成19年7月11日から7月12日にかけて発信されたものと異なる新しい手口です。)

    (以下略)

    しばらく前、ネット経由で銀行へアクセスする際のセキュリティ向上を目的とした「セキュリティ・カード」導入があった。
    平たく言えば乱数表が入ったカードのことで、今回のフィッシングサイトは、その乱数表の数字を全部入力させてセキュリティを突破しようという試みである。

    何やら、新生銀行が狙われてますか? これだけ巧妙な企てをするということは、犯人も新生銀行に口座を持って研究しているのだろうか?

    このSPAMに伴い、注意を促すメールが新生銀行からも来ていた。しかし、このメールをHTML形式で送りつけるとは、どうかしている。
    犯人は「騙し」の常套手段としてHTMLメールを用いているのに、何故に新生銀行もHTMLメールを送りつけるのだろうか?


    ■関連リンク
    【ITpro】新生銀行をかたる新たなフィッシング、乱数表をすべて入力させる
    【Security Next】新生銀行のフィッシング詐欺サイトが進化 - セキュリティ対策破り狙う





    posted by fullmoon-pon at 22:42 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | SPAM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | はてなブックマーク - 新生銀行を騙る新たなフィッシングメール
    にほんブログ村 ポータルブログへ 人気blogランキング
    この記事へのコメント
    コメントを書く
    お名前: [必須入力]

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント: [必須入力]


    この記事へのトラックバック