にほんブログ村 ポータルブログへ 人気blogランキング
    Blogtimes

    2005年07月23日

    銀行ATMがスロットゲーム化

    大垣共立銀行のATMにスロットゲーム機能を追加、絵柄が揃うと「時間外手数料無料」や「現金1000円プレゼント」サービスが提供される。

    ここでのミソは、時間外の現金引き出しがサービス対象。時間内に現金を1000円単位で引き出し、スロットゲームに興じることはできない。

    だけど、こんな物に対しても銀行は、開発費やら運用費を色々つぎ込んでいるはず。そんな事よりも預金金利を他行より上げるとか、手数料を無条件で下げる方が余程有用かと。
    何か金の使い方が間違っている。

    【中日新聞】大垣共立銀がATMにスロット 当たりで現金も

     大垣共立銀行は十九日、全国で初めて現金自動預払機(ATM)にスロットゲームを取り入れ、利用者に「時間外手数料無料」や「現金千円」が当たるサービスを八月八日から始めると発表した。「遊び心」を加え、銀行のお堅いイメージとはかけ離れた型破りのサービスで利用者に楽しんでもらい、ATMの利用促進や顧客獲得につなげる狙い。

     時間外(日祝日、平日午前八時以前・午後六時以降など)の現金引き出しが対象で、他行のキャッシュカードもOK。カードを入れ、暗証番号と金額を入力すると、画面表示されたスロットゲームが動き、数字や絵柄が回転する仕組みだ。

     「777」や同行の総合口座のロゴマーク「ゴールド」、「スーパーゴールド」の絵柄がそろうとファンファーレが鳴って、利用明細票に「大当たり」を表示。その場で時間外手数料(百五円)が無料になる。

     加えてゴールド、スーパーゴールドの絵柄ぞろいの場合は、営業店窓口で現金千円をプレゼントする。利用明細票とカード、印鑑、本人証明の書類などの提示が必要。

     「777」は約十分の一、絵柄ぞろいは約五百分の一の確率という。同行業務開発部は「射幸心をあおるわけでなく、ATMを差別化し、販売力アップや総合口座の告知に役立てたい」と話している。

     本店営業部や名古屋支店など十店を皮切りに、八月十二日までに愛知、岐阜、三重、滋賀四県の百三十五店に導入する。

     景品表示法によると、抽選で提供できる景品は、商品・サービスなどの取引価額が五千円未満の場合は、取引価額の二十倍まで。大垣共立銀行のケースは、時間外手数料百五円の二十倍に当たる二千百円相当までの景品の提供が認められる。
    posted by fullmoon-pon at 11:49 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(2) | ニュース(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | はてなブックマーク - 銀行ATMがスロットゲーム化
    にほんブログ村 ポータルブログへ 人気blogランキング
    この記事へのコメント
    コメントを書く
    お名前: [必須入力]

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント: [必須入力]


    この記事へのトラックバック

    今度は銀行ATMがルーレットゲーム化
    Excerpt: 2005年07月23日に書いた「銀行ATMがスロットゲーム化」の続き。大垣共立銀行のATMにルーレットゲームを導入した。振り込みの際、当たりが出ると1000円プレゼントとなる。 【中日新聞】ATM次..
    Weblog: じブんログ
    Tracked: 2006-08-30 00:41

    おみくじ付きATM登場
    Excerpt: 利用明細の裏面におみくじを載せたATMがエリア限定で登場するというニュース。 【朝日新聞】おみくじ付きATM登場 伊勢神宮近くに 三重・第三銀  第三銀行(本店・三重県松阪市)は17日、伊勢神宮の門..
    Weblog: じブんログ
    Tracked: 2012-08-17 08:46