にほんブログ村 ポータルブログへ 人気blogランキング
    Blogtimes

    2007年08月31日

    レコード人気

    アナログレコードの人気がボチボチ出てきているという話は聞いているのだが、こんな記事があった。

    【時事通信】静かなブーム支える職人=レコード人気じわり−唯一のカッティング技術者
     リタイアした団塊世代を中心に「アナログの音にはデジタルと違う温かみがある」と、レコード人気がじわじわ盛り上がっている。大手メーカーによるLPの復刻盤発売が相次ぎ、家電量販店ではレコードプレーヤーの売れ行きも好調だ。この静かなブームを陰で支えているのが、日本で唯一となった「レコードカッティング技術者」手塚和巳さん(56)だ。

    (中略)

     手塚さんは横浜市鶴見区の印刷・レコード製造会社「東洋化成」の社員。レコード製造工程のうち、アルミ製の「ラッカー盤」と呼ばれる原盤作りを、高校を卒業して18歳で入社して以来担当している。一時期は同社のカッティング技術者は6人いたが、現在はアジアでも手塚さん以外にいないという。

    ここでスゴイと思ったのが野田さんがアジア唯一のカッティング技術者になってしまったということ。これはもう、人間国宝級であろうか。

    うちにもレコード盤もプレーヤーも持っている。ただ、再生が面倒(ホコリ対策が大変)なので、ここ数年聞いていない。
    ちなみに私の友人は、レコードプレーヤーどころか蓄音機でSP盤を聴いている。これはこれで別の意味でスゴイことである。





    posted by fullmoon-pon at 18:04 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | AV機器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | はてなブックマーク - レコード人気
    にほんブログ村 ポータルブログへ 人気blogランキング
    この記事へのコメント
    コメントを書く
    お名前: [必須入力]

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント: [必須入力]


    この記事へのトラックバック