にほんブログ村 ポータルブログへ 人気blogランキング
    Blogtimes

    2007年09月02日

    mixiで足あとを残す不審人物

    mixiに新規登録の際にはメールアドレスが必要になるのだが、フリーメールアドレスを使用する際には、携帯電話のメールアドレスも必要になった。
    一人の人間が複数のアカウントが取れないようにするのが目的である。

    とはいうものの、いわゆる「お金を儲けましょう」系とか怪しいウェブサイトへ誘導するような人物からの足あとの多さは相変わらずである。

    私の所に足あとをつけてきた、ある怪しい人物をmixiGraphでトレースしてみた。

    以下は8月中旬から何日も観察してみた結果である。
    mixiGraphトレース その1
    mixiGraphトレース画像 1枚目

    mixiGraphトレース その2
    mixiGraphトレース画像 2枚目

    読み方としては1枚目の画像から2枚目の画像にリンクが続いている。

    1枚目の左上から右下へリンクが続き、さらにその続きは2枚目の左上となる。
    なお、1枚目の画像左下の赤丸の人物は2枚目の画像左上の先頭の赤丸と同一である。
    (1枚目の赤丸以降は、2枚目の赤丸以降とダブっている)

    リンクの特徴としては、ある一人がある一人を招待する形が基本となっており、これがずっと芋づる式構造になっている。
    しかも、招待者と被招待者のIDが非常に接近しており、どう見ても同一人物が次々招待したとしか思えない。
    さらに図の上では分からないのだが、リンクの先頭で招待者が次々伸びる一方、末端の方は次々と退会している。
    (自主退会なのか、運営側でアカウント削除したのかは不明)
    そのため、このユーザーが一度に保持しているリンクの数は図の状態よりも少ない。

    本当はもっと続きがあるのだが、以降は割愛してある。

    こんなことが許されてしまっているのだから、先に挙げたメールアドレスによるmixi新規登録制限もザル同様である。





    posted by fullmoon-pon at 23:15 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ネットで見つけたネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | はてなブックマーク - mixiで足あとを残す不審人物
    にほんブログ村 ポータルブログへ 人気blogランキング
    この記事へのコメント
    コメントを書く
    お名前: [必須入力]

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント: [必須入力]


    この記事へのトラックバック