にほんブログ村 ポータルブログへ 人気blogランキング
    Blogtimes

    2005年08月02日

    [LIVE] CASIOPEA + Synchronized DNA@横浜BLITZ (2005/07/30)

    CASIOPEAライブを観に横浜BLITZへ行きました。
    横浜BLITZへ行くのは、今回が初めて。中の作りが赤坂BLITZに似ていますが、キャパは横浜の方が少し小さいかも。

    今回は、ドラマーにSynchronized DNA(神保彰、則竹裕之)の2人を迎えたライブ。DVD収録も同時に行なわれ、場内に10台くらいのカメラがありました。
    さらに加え、向谷さんのMCもDVDに収録されるそうで。ステージ中央でマイクを持ちながらピンスポットを浴びる様もDVDに入るのでしょうか。(笑)

    演奏した曲は、古い曲から新しい曲まで様々。今回のライブでは、非常に懐しい曲を演奏するという噂を聞いていたのですが、その正体は「GYPSY WIND」。非常に聴き覚えがあるのに、最初はタイトルが思い出せませんでした。

    毎度お約束のナルチョの客席乱入プレイ。いつぞやの赤坂BLITZでのDVD収録では、頭に小型カメラを付けていたのですが、今回は帽子をかぶり、ヘッドセット型マイクを付けて登場。「PINK PUNK FUNK」を歌いながらベースソロを弾いてました。

    ベースソロの後は、ドラムソロいや、ドラムデュオ。音だけを漠然と聴いていたら、2人で叩いていることには多分気づかないかも。それだけ息が合った演奏です。

    本編最後は「UNIVERSE」。この曲はバンド結成25年を記念して作った曲。演奏時間が25分でテンポが125。この曲を演奏している時、腕時計の秒針を見ながらテンポを勘定したら、ちゃんと125になっていました。
    ツアーパンフにもこの曲の手書き譜面が載っているのですが、大変な状態です。演奏時間とテンポから、大体の小節数が割り出せますが、実際に見ると、膨大な量です。これらを全て暗譜するメンバーはすごいです。

    アンコールは1回で、「FIGHT MAN」「ASAYAKE」「ときめき」の3曲を続けて演奏。「FIGHT MAN」では、各メンバーが順繰りに4小節→2小節→1小節と、ソロの弾き回しがあるのですが、ドラムはちゃんと神保さんのパート・則竹さんのパートと分かれてました。

    もう1回アンコールがあればいいと思ったのですが、それはなく終了。それでも十分楽しむことが出来ましたし、DVDの発売が楽しみです。

    あっ、それからツアーパンフのインタビュー記事にある「役不足」の使い方が間違ってますよ。 > 則竹さん
    posted by fullmoon-pon at 21:22 | 東京 ☁ | Comment(3) | TrackBack(0) | JAZZ/FUSION | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | はてなブックマーク - [LIVE] CASIOPEA + Synchronized DNA@横浜BLITZ (2005/07/30)
    にほんブログ村 ポータルブログへ 人気blogランキング
    この記事へのコメント
    チケットを入手したものの、仕事の都合で行けず・・・。1階はスタンディング、2階はテーブル席でしたか?2階のチケット持ってたのですが、どんなだったのかなーと気になってます。よかったら教えてください。
    Posted by シンクロ at 2005年08月03日 15:34
    BLITZのチケットは、早々に完売していたのにもったいないですね。
    ここの2階は普通の椅子席、1階はスタンディングも可能ですが、今回は椅子席でした。
    赤坂BLITZは、1階が椅子席でも後ろに立見席があったのですが、横浜はありませんでした。
    Posted by fullmoon-pon at 2005年08月03日 18:50
    ありがとうございます!
    本当に残念でした(T_T)
    次回はいつかな・・・。
    Posted by シンクロ at 2005年08月04日 00:32
    コメントを書く
    お名前: [必須入力]

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント: [必須入力]


    この記事へのトラックバック