にほんブログ村 ポータルブログへ 人気blogランキング
    Blogtimes

    2007年10月04日

    名古屋コーチンの2割は偽物

    愛知県産の地鶏に「名古屋コーチン」があるのだが、そう銘打った商品のうち、2割が偽物であることがDNA検査により判明した。

    【読売新聞】「名古屋コーチン」2割偽物、独立行政法人がDNA検査
     愛知県特産の地鶏「名古屋コーチン」と表示して売られている鶏肉やその加工品の2割に、名古屋コーチン以外の肉が含まれていることが、独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構が行った市場調査でわかった。

    (略)

     同機構の畜産草地研究所は、肉片を少量採取するだけで名古屋コーチンかどうかを判別できる簡易DNA検査法をバイオ・リジェネレーションズ社と開発。名古屋コーチン普及協会がお墨付きを与える「純系名古屋コーチン」のシールが張られたり、原材料名に「名古屋コーチン」だけが表示された生肉と加工品計90点を、愛知県や首都圏の有名百貨店、小売店、飲食店やインターネットなどで入手して分析した。

     その結果、名古屋コーチン以外の鶏肉が検出されたのは全体の21%。生肉は50点中の6点(12%)、焼き鳥やミンチなどの加工品では40点中13点(32%)で、加工品に偽物が含まれる割合が高かった。

    (以下略)

    なんだかんだと言いつつも、どうせバレないだろうと考えている業者がまだ多いということか。

    「名古屋コーチン」「DNA」の2語が同時に出る記事って、何か既視感があると思ったら、2006年4月5日に書いた「名古屋コーチンをDNA識別する方法が確立」のことか。



    ■関連リンク
    【日本経済新聞】「名古屋コーチン」2割が偽物、DNA検査で判明
    【読売新聞】偽名古屋コーチン 愛知県がDNA検査へ
    名古屋コーチン普及協会
    【Wikipedia】名古屋コーチン
    posted by fullmoon-pon at 00:58 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | はてなブックマーク - 名古屋コーチンの2割は偽物
    にほんブログ村 ポータルブログへ 人気blogランキング
    この記事へのコメント
    コメントを書く
    お名前: [必須入力]

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント: [必須入力]


    この記事へのトラックバック