にほんブログ村 ポータルブログへ 人気blogランキング
    Blogtimes

    2007年11月07日

    松下、4GBのmicroSDHCカード発売

    松下電器産業が4GB microSDHCカードを11月26日に発売する。

     【松下電器産業】4GB microSDHCカード「RP-SM04GBJ1K」を発売

    このプレスリリースを見て気になったのが、メモリカードに誤飲防止のための苦味剤を塗布してあること。
    検索してみたら「『mini SDカードの誤飲が心配』」というページを見つけた。
    松下製miniSDメモリーカードは2006年1月31日以降生産した32MB〜1GB全てのものに苦味成分(デナトニウムベンゾエイト)を塗布してあるらしい。(持続期間は約2年)

    多分、microSDカードも同様であろうが、こういう仕掛けを前々から施してあるとは、今の今まで知らなかった。「メモリカード」の性能としては関係ないのだが、こういうところにも気を遣わなければならないというのも小さすぎる製品も大変である。
    あと、人間以外にも屋内のペットがメモリカードを飲み込まないよう、注意をせねばならない。
    苦味って、人間以外の動物にも有効なのだろうか? イヌとかネコとかヘビ、イグアナなどの爬虫類とか?


    ■関連リンク
    【ケータイWatch】松下、4GBのmicroSDHCカード発売
    【BCNランキング】松下、4GBの携帯電話用microSDHCカード、実勢価格で1万円前後
    【ASCII.jp】松下電器、4GBのmicroSDHCカード「RP-SM04GBJ1K」を発売
    【RBB TODAY】松下、ケイタイのメモリアップに最適! 4GBのmicroSDHCカード――誤飲防止の苦味剤塗布
    【日経プレスリリース】松下、携帯電話用4GBのmicroSDHCカードを発売
    posted by fullmoon-pon at 23:06 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | はてなブックマーク - 松下、4GBのmicroSDHCカード発売
    にほんブログ村 ポータルブログへ 人気blogランキング
    この記事へのコメント
    コメントを書く
    お名前: [必須入力]

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント: [必須入力]


    この記事へのトラックバック