にほんブログ村 ポータルブログへ 人気blogランキング
    Blogtimes

    2007年11月27日

    エスカレーターでは歩かないで@横浜市営地下鉄

    エスカレーターに乗るときは、通路の片側を開ける(関東と関西では開ける側が違う)ことが、マナーとか常識とまでは言わないが暗黙の了解と化している。
    そんなエスカレーターの状況に横浜市が一石を投じる。

    【毎日新聞】エスカレーター:横浜地下鉄「歩かないで」 構造上想定外
     「エスカレーターでは歩かないでください」。横浜市営地下鉄は今秋から、全32駅構内に設置されたエスカレーターの乗り口にこんなポスターを掲示した。昇降客のために関東は右空け、関西は左空けがルールと思い込んでいる人も多いが、国土交通省によると、エスカレーターの構造はもともと、利用者が歩くことを想定していないという。

    何年も前から、エスカレーターで人が歩くことは想定外であるという話は聞いてきた。じゃあ、これで歩くことを止めるかと言えば、そういうことはしない。私を含め、せっかちな人が多いし。

    そんな私でも、エスカレーターの使用そのものを自主的に止めることがある。大きなイベントがあった時、上の階が狭くて人がさばき切れない状態なのに、上りのエスカレーターが人をひたすら運んでいる時。飽和状態になったら、エスカレーターは将棋倒しの大事故になること間違いなし。こういう時、エスカレーターを歩く人は、ほとんどいないのだが、事故が起きるときには起きてしまうのである。

    それから件の記事の最後
     川崎市のJR川崎駅自由通路で8月、破損部分にサンダルが挟まり、女性が指の一部を切断されたほか、10月には神奈川県平塚市のスーパーで、手すりと保護板の間に首を挟まれた男児が大けがをするなど、最近、エスカレーターでの事故が相次いでいる。しかし、歩行禁止に踏み切ることについて日本民営鉄道協会は「車内での携帯電話同様、歩行禁止についても利用者の機運が高まる必要がある」と語る。
    をこんな所に持ち出すのはおかしいと思う。
    女性はエスカレーターで止まっていたから指を切断してしまったのではないのか? 逆に歩いていたら、指は切断していなかったかもしれない。
    それに男児はエスカレーターを歩いていたから首を挟んだのか? そこで止まっていても、首を外に出したら怪我をするのではないのだろうか。





    posted by fullmoon-pon at 06:33 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(1) | ニュース(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | はてなブックマーク - エスカレーターでは歩かないで@横浜市営地下鉄
    にほんブログ村 ポータルブログへ 人気blogランキング
    この記事へのコメント
    コメントを書く
    お名前: [必須入力]

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント: [必須入力]


    この記事へのトラックバック

    横浜市営地下鉄に乗ってみた
    Excerpt: 先日、横浜市営地下鉄に乗りました。ここは昔からたびたび利用してはいるのですが、今回は2007年11月27日に書いた「エスカレーターでは歩かないで@横浜市営地下鉄」関する一件で、どうなっているかを確かめ..
    Weblog: じブんログ
    Tracked: 2007-12-31 14:14