にほんブログ村 ポータルブログへ 人気blogランキング
    Blogtimes

    2005年09月20日

    落としたヘビの確認は…

    「ボールパイソン」という種類のニシキヘビを新宿の公園で誤って逃がしてしまったという騒動があった。
    その後、JR浦和駅から同種の蛇が見つかり、飼い主が確認しに行ったが、同一である確認ができず、引き渡しはならなかった。

    【TBS News i】新宿の男性、埼玉で保護のヘビと対面

     今月11日、新宿区の公園で40歳の男性が「ボールパイソン」というニシキヘビを遊ばせている際、うたた寝をしてしまい、ヘビに逃げられました。

     その3日後、およそ20キロ離れた、埼玉県のJR浦和駅で、プラスチックの容器に入った「ボールパイソン」が見つかり、警察が、この男性に自分のヘビかどうかの確認を求め、19日の対面となりました。

     「手に巻いてみましたよ。大体感触は合ってましたけど、(警察は)それだけでは渡せないと。部屋の中で窮屈だと思ったので、公園に連れて行こうかなと思って。自分が寝たのが一番の過失」(新宿でヘビに逃げられた男性【40】)

     男性は、ヘビを買った翌日に逃げられていて、同一であるという確認ができず、結局、警察から引き渡してもらえませんでした。

     男性は、引き続き近所のヤブの中などを探すと話しています。(19日10:54)


    テレビの放送も見たのだが、この落とし主、蛇を入れるためのバッグを持って来ていた。

    ふと思ったのだが、蛇に巻かれた時の感触にも個体差があるのだろうか。そして、その蛇の飼い主の正当性を証明するには、どうすればいいのだろうか。個体を同定できるような写真があればいいのだが、無い場合はどうするのか。飼い主の家に蛇のDNAを含む物があれば、それで鑑定するとか。

    別の番組によると、蛇はまだ近くに隠れているかもしれないらしく、隙間に潜んでいる可能性があるらしい。
    臆病な性格なので、広い道に出て進んで行くことは、まずあり得ないとか。
    posted by fullmoon-pon at 01:50 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(1) | 生き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | はてなブックマーク - 落としたヘビの確認は…
    にほんブログ村 ポータルブログへ 人気blogランキング
    この記事へのコメント
    コメントを書く
    お名前: [必須入力]

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント: [必須入力]


    この記事へのトラックバック

    新宿で行方不明になったニシキヘビ発見
    Excerpt: 以前の記事に新宿の公園で「ボールパイソン」というニシキヘビが逃げた事件があった。飼い主が外に持ち出し、酔って居眠りしていた隙に逃げられてしまったのだが、3週間ぶりに見つかった。 逃走ヘビ?新宿で発見…..
    Weblog: じブんログ
    Tracked: 2005-10-05 05:20