にほんブログ村 ポータルブログへ 人気blogランキング
    Blogtimes

    2007年12月15日

    「フランス語は数が勘定できない」裁判の判決

    2005年7月15日に書いた「都知事「フランス語は国際語失格」発言」の続報が今になってようやくである。

    2004年10月に石原慎太郎都知事がフランス語に対し物議を醸したら、2005年7月にフランス語学校校長らが都知事を提訴。そして2007年12月14日に判決が出た。


    まあ、判決の中身はきわめて妥当であろう。むしろ、原告勝訴になった場合の方が大ニュースになったかも。
    それにしても、裁判には長い時間がかかる。こういう訴訟も是非短くして欲しいものである。
    果たして原告は控訴するのだろうか?


    ■関連リンク
    【東京新聞】配慮欠くが名誉侵害せず 石原知事の「仏語侮辱」
    【時事通信】仏語「侮辱」、名誉棄損せず=石原都知事への請求棄却−東京地裁
    【産経新聞】「仏語は数の勘定できない」発言不適切、東京地裁 訴えは棄却





    posted by fullmoon-pon at 22:04 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | はてなブックマーク - 「フランス語は数が勘定できない」裁判の判決
    にほんブログ村 ポータルブログへ 人気blogランキング
    この記事へのコメント
    コメントを書く
    お名前: [必須入力]

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント: [必須入力]


    この記事へのトラックバック