にほんブログ村 ポータルブログへ 人気blogランキング
    Blogtimes

    2008年01月21日

    F-2支援戦闘機の操縦桿にトラブル

    1月21日、航空自衛隊三沢基地のF-2支援戦闘機が訓練中、操縦桿にトラブルが発生した。
    ただ、記事の内容が各紙で微妙に異なる。操縦桿が折れたとか外れたとか、トラブル発生時のパイロットの対応とか。

    【朝日新聞】空自支援戦闘機の操縦桿が折れ、三沢基地に緊急帰投
    操縦桿が折れたのは訓練中の同日午前9時20分。パイロットは操縦桿ではなく、「フォースセンサー」と呼ばれる長さ約5センチの棒状の装置を操作して機体を安定させ、午前9時50分ごろ基地に着陸した。

    【毎日新聞】F2:青森沖で操縦かん折れる 同型機75機飛行停止に
    操縦かんのグリップが根本部分で折れるトラブルが起きた。機能は正常で操作可能だったため、操縦士は折れたグリップを根元部分に押し込んで固定して操縦し、約30分後に三沢基地に着陸した。

    【読売新聞】空自支援戦闘機の操縦かん外れる、三沢基地に緊急着陸
    操縦席右側の「サイドスティック」と呼ばれる操縦かん(全長約20センチ)のグリップが外れた。

     パイロットは緊急事態を宣言し、残っていた数センチの基礎部分を握って操縦して30分後に三沢基地に着陸した。

    トラブルが発生してから30分後に基地に着陸したという情報は、各紙一致しているのであった。
    飛行中に突然、こんなことが起こったら、パイロットもさぞかしビックリしたであろう。


    ■関連リンク
    【Wikipedia】F-2 (支援戦闘機)





    posted by fullmoon-pon at 23:52 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | はてなブックマーク - F-2支援戦闘機の操縦桿にトラブル
    にほんブログ村 ポータルブログへ 人気blogランキング
    この記事へのコメント
    コメントを書く
    お名前: [必須入力]

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント: [必須入力]


    この記事へのトラックバック