にほんブログ村 ポータルブログへ 人気blogランキング
    Blogtimes

    2005年10月15日

    全国の阪神ファンは2053万人?

    大阪府立大の教授がネット調査会社のデータなどを基に阪神タイガースファンの数を推定、その結果が2053万人になったという。

    【産経新聞】「村上はん、分かってまっか?」 全国虎党、巨人ファン上回る2053万人

    大阪府立大教授らが独自調査

     阪神タイガースの株式公開をめぐり、阪神電鉄の筆頭株主になった投資ファンド(通称・村上ファンド)を率いる村上世彰氏が「上場はファンの声を聞いて判断したい」と語ったことを受け、大阪府立大の宮本勝浩教授らは十四日、ネット調査会社のデータなどを元に、全国の阪神ファンの数を弾き出した。その数はなんと二千万人。阪神ファンが巨人ファンを上回り、十二球団トップであることもわかった。

     宮本教授の研究室が、ネット調査会社、ライフメディアが運営する「iMiネット」の調査結果をベースに、総務省統計局の平成十六年十月一日現在推計人口を加味してファン数を推計した。iMiネットの調査は「好きなプロ野球の球団名は」で、今年七月に実施され、十二万二千三百五十五人から有効回答を得ている。

     この調査では、十歳以上の阪神ファンは全国で対人口比17・7%との結果が出た。

     宮本教授らがこれに基づき、十歳以上の人口を計算したところ、全国の阪神ファンは二千五十三万四千人となった。一方、巨人は17・6%で二千四十一万八千人となり、阪神ファンが巨人ファンをわずかながら上回った。

     昨年、同社が行った同様の調査では巨人21%、阪神19・1%で、今年はともに割合を下げているが、特に巨人ファンが減っていることがうかがえる。

     宮本教授らはさらに、近畿六府県別のファン数も試算。大阪府には四百二十二万四千人、兵庫県には二百六十二万六千人の阪神ファンがおり、近畿全体では九百四十一万六千人(概数)に上るという結果になった。

     宮本教授らは「今回の調査は標本(母数)が多いこともあり信頼できる」と判断。試算を踏まえ、「村上さんのいう『ファンクラブ十五万人』から意見を聞くだけでは不十分ということがわかった」と話している。


    まず、総務省統計局平成16年10月1日現在推計人口結果の要約を見てみた。
    Excelファイルの第3表を見ると、男女合計人口が127,687[千人]。そこから0〜4歳(5,736[千人])と5〜9歳(5,938[千人])の人口を差し引くと、116,013[千人]となる。

    iMiネット野球に関するアンケートを見てみた。
    有効回答の男女合計は122,355人。ファンの内訳は
     21,681人 17.7% 阪神
     21,567人 17.6% 読売
     29,311人 24.0% 好きな球団はない・知らない
    である。

    これらから阪神ファンの人数を計算すると
     116,013[千人] × 0.177 ≒ 2053[万人]
    となる。

    一見、正しい計算に見える。が、ここで問題。iMiネットのサンプル数が多いと言って、そのまま信用していいのだろうか。
    iMiネットのアンケートを見たところ、回答者の居住地域について触れていない。居住地域に偏りがあれば、アンケート結果も変わってくる。
    そして根本的な問題として、ネットにアクセスする人間のみを取り上げて「国民の総意」となすことが許されるのだろうか。
    posted by fullmoon-pon at 19:09 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | はてなブックマーク - 全国の阪神ファンは2053万人?
    にほんブログ村 ポータルブログへ 人気blogランキング
    この記事へのコメント
    コメントを書く
    お名前: [必須入力]

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント: [必須入力]


    この記事へのトラックバック