にほんブログ村 ポータルブログへ 人気blogランキング
    Blogtimes

    2008年02月12日

    迷惑メールで罰金3000万円に法改正へ

    迷惑メールへの規制を強化する特定電子メール送信適正化法改正案が出た。
    送信先の同意なしに広告メールを送りつけた業者に対し、罰金上限を3000万円に引き上げるとか。

    【読売新聞】迷惑メールに罰金3000万円、上限30倍に法改正へ
    (略)

     改正法案では、メールアドレスを通知されている場合や取引関係にある場合などを除き、送り先から同意を得なければ広告・宣伝メールの送信を禁止する。いったん受信の同意を得ても、途中で受信を断られれば、それ以後の送信も禁止する。

     さらに、送信者に氏名・名称、連絡先メールアドレスをメールに明示するよう義務付け、送り先からどういう形で同意を得たかの記録を保存することも求める。現行法では適用外となっている海外発の迷惑メールも、国内発のメールと同様に規制対象にする。

     アドレスなどを偽装してメールを送った場合、同意を得ない送信などで総務省から改善命令を出されても従わなかった場合の罰金が最高3000万円となる。

    現時点でも、うちにSPAMが来ていることは来ているのだが、日本語のメールは非常に少なくなってきている。
    そして相変わらず多いのが、海外からの英語のSPAM。
    こんな法が改正になったところで、外国人の業者を取り締まることが出来るのか? 出来るはずがない。
    結局はザル法に等しいのである。





    posted by fullmoon-pon at 00:46 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | はてなブックマーク - 迷惑メールで罰金3000万円に法改正へ
    にほんブログ村 ポータルブログへ 人気blogランキング
    この記事へのコメント
    コメントを書く
    お名前: [必須入力]

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント: [必須入力]


    この記事へのトラックバック