にほんブログ村 ポータルブログへ 人気blogランキング
    Blogtimes

    2005年11月02日

    CD-ROMに仕込まれたプログラムで預金が盗まれる

    千葉銀行を騙った人物が送り付けたCD-ROM。中に入っていた「セキュリティソフト」をインストールしてキー操作したら、ネットサービスを通じ、銀行口座から預金が盗まれてしまった。

    CD―ROM入れたら勝手に預金移動 千葉銀かたる

     千葉銀行(本店・千葉市)は1日、同銀行をかたって郵送されたCD―ROMをパソコンにインストールした顧客の預金口座から、勝手に他口座へ数百万円が振り込まれてしまう被害が発生したと発表した。千葉県警船橋署が捜査している。

     同銀行によると、被害はパソコンで銀行取引が出来る法人向けのインターネットサービスで発生。船橋市の法人が10月下旬に「千葉銀行本店営業部」名で郵送されてきたCD―ROMをインストールして何らかのキーを操作したところ、この法人の口座から勝手に数百万円が他口座へ振り込まれた。翌日、通帳に記帳し、被害に気づいたという。振込先は千葉銀行とは別の金融機関の口座で、被害にあった法人とは取引のない口座だったという。

     CD―ROMが入った封筒には「セキュリティーソフトです。インストールして下さい」と書いた案内文も入っていた。同銀行のインターネットサービスを利用している法人は約6000。調査の結果、被害者以外の2法人にも同様のCD―ROMが送りつけられていたことが判明したが、この2法人に被害は出ていないという。


    インストールしてしまったプログラムは、「キーロガー」かもしれない。これによりパスワード等が盗まれたのかも。

    問題のCD-ROMは、誰にでも郵送すればいいというわけではない。顧客情報がどこから漏れたのか。
    そして、どのように体裁でCD-ROMが送られて来たのだろうか。銀行のロゴ入り封筒で仰々しく送り付けられた場合、受け取った人も信じてしまうかもしれない。逆に簡易な送り付け方だったら、受け取り側が不注意だったかもしれない。

    こういう事件が起こった場合、被害者の預金は補償してもらえるのだろうか。
    posted by fullmoon-pon at 06:03 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(3) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | はてなブックマーク - CD-ROMに仕込まれたプログラムで預金が盗まれる
    にほんブログ村 ポータルブログへ 人気blogランキング
    この記事へのコメント
    コメントを書く
    お名前: [必須入力]

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント: [必須入力]


    この記事へのトラックバック

    偽装CD―ROMでインターネットバンキング利用者に被害
    Excerpt: 千葉銀行は1日、法人向けインターネットバンキングサービス「Web―EB」の顧客3社に千葉銀の名前でCD―ROMが送られ、1社がパソコンにインストールしたところ預金口座から勝手に振り込みがされていたと発..
    Weblog: Monny Shop 7angels
    Tracked: 2005-11-02 15:17

    こんな手口もあったのか!
    Excerpt: 当社メインバンクのHPにこんな "注意" が載っています。 こんな手口もあるので みなさん気をつけてください! 金融機関を偽装して郵送されるCD−ROMにご注意ください! ..
    Weblog: こちら中小企業総務部
    Tracked: 2005-11-05 01:56

    今日(11/16)のITニュース
    Excerpt: キーロガーの被害拡大続く--プログラム数は6200種近くに「VeriSignのセキュリティ部門であるiDefenseが発表したデータによると、コンピュータで入力されたパスワードなどのテキストを記録する..
    Weblog: 起業一年目日記
    Tracked: 2005-11-16 23:21