にほんブログ村 ポータルブログへ 人気blogランキング
    Blogtimes

    2008年05月18日

    関西2府5県、約530kmを120円で乗る

    大都市圏では、駅から駅へ行く経路が複数ある場合があるが、最短距離での料金が設定されている。
    以下の例は、本来2.6kmを約5分で行ける区間を約530km、約12時間かけて行く例だそうで。

    【毎日新聞】楽しむナビ:安く電車に乗りまくる。
     大型連休最後の今月6日、大阪市内のJR福島駅から天満駅まで電車に乗った。大阪環状線だと2駅目、約5分(2・6キロ)。だが、関西2府5県をまたぐ約530キロ、約12時間の「大回り」をした=図参照。ちょっと信じ難いが切符代は120円。JRの大都市近郊区間内の運賃特例だ。トラベルライターの横見浩彦さん(46)=横浜市=に旅の先達をお願いした。

     東京▽新潟▽大阪▽福岡圏は路線が多く、目的地までの経路が複数ある。乗った経路通りの運賃を請求すると、改札口で頻繁な精算が生じ、お客も駅も大変な手間。そこで指定の区間内では、同じ駅を2回通ったり改札口を出ない限り、最低運賃で行ける。大阪圏は98年に和歌山線や加古川線(兵庫県)などが加わって大幅に拡大、大回りできる距離が延びた。

    (以下略)

    同じ駅を2回通ったり、途中で改札口を出ない限りは120円でOKなのだが、流石に12時間という真似は私も躊躇する。かなり体調と整えてから挑まないと(w

    一部の鉄道では、電車に余りにも長居すると、自動改札が閉まってしまう。切符に入場時の時刻を記録し、出札時にチェックするのである。あれもどうにかならないのだろうか。




    posted by fullmoon-pon at 23:10 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | よもやま話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | はてなブックマーク - 関西2府5県、約530kmを120円で乗る
    にほんブログ村 ポータルブログへ 人気blogランキング
    この記事へのコメント
    コメントを書く
    お名前: [必須入力]

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント: [必須入力]


    この記事へのトラックバック