にほんブログ村 ポータルブログへ 人気blogランキング
    Blogtimes

    2006年07月10日

    4年後のW杯は南アなのだが

    FIFAワールドカップの次回大会は、2010年に南アフリカで開催が決定しており、7月7日に南ア大会に向けたイベントがベルリンで開催された。

      だが…。

    【日刊スポーツ】4年後南アフリカ開催は…/ビバW杯
    (前略)

     南アには470万人のHIV感染者がいるといわれる。その数字は人口の10%を占める。2会場があるヨハネスブルクは「世界の犯罪都市」と呼ばれ、外務省のHPでも「悪化した治安は改善の兆しが見られない」と渡航に注意を呼びかけている。アパルトヘイト(人種隔離)政策が敷かれた時代に整備された道路網は世界有数だが路上では殺人、強盗、強姦が頻発。列車やバスは、観光客が安心して利用できる状況にはない。12万人分の宿泊施設の不足も指摘されている。

     それでも南アは95年にラグビーW杯を成功させた実績がある。最近では地元紙が「次回W杯はオーストラリアで代替開催される」と報道し、3日にFIFAが「勝手に作り上げた話」と反論した。ブラッター会長は「(開催に)イエスと言ったのだから、南アフリカを信頼している。今後もそれは変わらない」と信頼を強調。南ア警察幹部も「犯罪対策は何の問題もない」というが…。ドイツ大会は組織委員会もFIFAも「これ以上の運営はできない」と胸を張った。さて4年後、初のアフリカ開催はどうなるのだろうか。


    南アフリカの治安の悪さは有名である。外務省の「海外安全ホームページ」を見ると、
    南アフリカに対する渡航情報(危険情報)の発出(2006/06/09)

     ●ヨハネスブルク、プレトリア、ケープタウン、ダーバン:「十分注意してください。」(継続)

    となっており、さらに
    続きを読む
    posted by fullmoon-pon at 00:04 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | はてなブックマーク - 4年後のW杯は南アなのだが

    2006年07月04日

    中田引退の海外報道

    7月3日夜、中田英寿選手が自身の公式サイトで現役引退を表明したのだが、海外でも色々とニュースが流れている。

    【BBC】Japan legend Nakata retires at 29
    【CNN】Nakata announces shock retirement
    【SKY SPORTS】Nakata in shock retirement
    【ANSA】pioneer Nakata quits
    【ITV】Nakata hangs up his boots
    【Eurosport】Nakata retires
    【TSN】Japanese star Nakata retires
    【4THEGAME】Nakata calls it a day
    【SOCCERWAY】Nakata announces early retirement
    【The Professional Footballers' Association】NAKATA QUITS FOOTBALL


    日本国内もそうだが、29歳の若さで引退してしまった点に関心が集まっている傾向にある。
    へえと思ったのが、サッカー選手を引退する表現は日本語だと「スパイクを脱ぐ」と言ったりするが、英語では“haug up one's boots”と言うらしい。
    ちょっと辞書を見てみたら、ボクシングの場合、“haug up one's boxing gloves”らしい。


    ■関連記事
    「中田」 (2006年07月03日)
    posted by fullmoon-pon at 06:30 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | はてなブックマーク - 中田引退の海外報道

    2006年07月03日

    「中田」

    7月3日の昼間、たまたまテクノラティを見たら、「今、もっとも検索されているキーワード」のランキング上位に「中田」が載っていた。(確か、4位あたり)

    で、たまたまそこを見てみたら、人気お笑いタレントのオリエンタルラジオ関連のブログ記事中心であった。メンバーの中田敦彦が、番組の収録でインストラクターと一緒にパラシュート降下をしたが、強風にあおられ、皇太子一家の住む赤坂御用地に不時着したという話題が中心。

    あとは、東ハト関連が時々。この会社は、菓子関連の事業は好調だったが、バブル期にゴルフ場経営に失敗し、経営再建中の状態。最近はサッカー選手の中田英寿が執行役員に就任して話題を呼んだが、今回、山崎製パンが東ハト買収を発表した。

    そうこうしているうちに、今度はその中田選手が引退表明。今夜、自身の公式ウェブサイト「nakata.net」で、プロサッカー選手を引退することを発表した。
    夜のテレビニュースのトップはこれである。現在、「中田」関連の検索ワードだと、中田選手引退関連ばかりだし、当人のサイトは、重すぎてつながらない状態である。


    さて、この引退発表は、株式市場に影響を与えるだろうか。


    ■関連リンク
    【読売新聞】日テレ番組のパラシュート、強風で赤坂御用地に不時着
    【朝日新聞】赤坂御用地にパラシュート着陸 日テレ番組司会者ら
    【サンケイスポーツ】オリラジ中田が赤坂御用地に不時着…「高校生クイズ」収録中
    【朝日新聞】山崎製パン、総額270億円で東ハトを買収
    【日刊スポーツ】山崎製パンが東ハトを買収
    【ラジオNIKKEI】山パンが東ハト買収で会見、株式取得額は182億円
    【産経新聞】中田英寿、現役引退 自身の公式サイトで発表
    【読売新聞】中田英寿選手が現役引退表明
    【日刊スポーツ】ヒデ、現役引退を表明
    posted by fullmoon-pon at 23:40 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(2) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | はてなブックマーク - 「中田」

    2006年07月01日

    切手収集が趣味のシャラポワ

    現在、ウィンブルドン選手権に出場しているテニス選手のマリア・シャラポワ(Maria Sharapova)であるが、実は切手収集という意外な趣味を持っているらしい。サマンサ・タバサ(Samantha Thavasa)のPRをしている人とはちょっと思えないというのは、偏見だろうか?

    【ロイター】M・シャラポワ、趣味は「切手収集」
    [ロンドン 29日 ロイター] ロシア出身のテニス選手、マリア・シャラポワさんに切手集めという意外な趣味があることが分かった。
     この趣味を告白して以来、切手収集の専門雑誌からインタビューの依頼が殺到。試合後の記者会見でも切手に関する質問攻めにあい、趣味を明かしたことを後悔している様子だった。


    英文の元記事は、もっと詳しく書いてある。
    【REUTERS】Sharapova the stamp-collecting nerd
    (nerd = オタク)

    後半は音楽の話になっており、コートへ入る前にカナダのシンガーソングライターのネリー・ファータド(Nelly Furtado)を聴いていたなどいう話になっているが。


    ■関連リンク
    【Wikipedia】マリア・シャラポワ
    posted by fullmoon-pon at 06:17 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | はてなブックマーク - 切手収集が趣味のシャラポワ

    2006年06月26日

    スリッパ卓球大会開催

    山形県河北町で「スリッパ卓球大会」なるイベントが開催された。
    この地での「スリッパ卓球」は、古びた温泉でありがちな、あの卓球をさらに進めたものである。

    【秋田魁新報】スリッパでスマッシュ/山形で世界卓球大会
     スリッパ生産量が日本一の山形県河北町で25日、「世界スリッパ卓球大会」が開催され、中国や韓国など7カ国の留学生を含め、小学生からお年寄りまで100人以上が、ラケット代わりに特製スリッパでラリーを繰り広げた。

     大会用の特製スリッパで打つと「ポコン」とのんびりした音がするが、参加者は真剣そのもの。会場の町民体育館では「サー」と卓球の福原愛選手ばりの掛け声が上がり、スマッシュが決まるたびに歓声が響いた。


    だが、そのラケットは既にカスタマイズが進み過ぎている。グリップ部が卓球ラケット風の、ちゃんとした物になっている上、スリッパとして履ける物でもなさそうな状態。(無理すれば履けるかも)
    これはもう、卓球ラケット化が進んだスリッパと言うべきか、スリッパ化した卓球ラケットと言うべきか…。何か原点から逸脱しつつあるような気がしてならない。今のところ、打面は普通のスリッパの様だが、そのうち特殊ラバーを張り付けたりして。


    ■関連リンク
    【踊り放題!〜ラッキィ池田のグルーヴィンな毎日】スリッパ卓球選手権?
    山形県河北町
    【Wikipedia】河北町 (山形県)
    posted by fullmoon-pon at 01:53 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | はてなブックマーク - スリッパ卓球大会開催

    2006年06月23日

    2006FIFA W杯 日本vsブラジル

    日本時間4:00のキックオフ。生放送を見てしまったが、日本が1-4で敗戦。最初、日本が先制した時はちょっと期待してしまったが、スロースターターのブラジルに逆転負けしてしまった。

    これで日本の一次リーグ敗退決定。思い起こせば、初戦のオーストラリア戦を、終盤に逆転で落としたのが痛かった。


    続きを読む
    posted by fullmoon-pon at 06:38 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | はてなブックマーク - 2006FIFA W杯 日本vsブラジル

    2006年06月22日

    昨年のF1米国GP訴訟棄却

    2005年、インディアナポリスで開催したF1アメリカGPは、歴史に残る酷さであった。
    ミシュランが供給しているタイヤの構造に問題があり、レースの使用に耐えられないことが判明。同社製品を使用している14台は、フォーメーションラップをした後、リタイアしてしまった。

    レース後、ミシュランはチケット代金の払い戻しに応じたり、2006年のアメリカGPのチケット2万枚を無料配布したりなどしたが、怒った観客達が訴訟を起こしたのである。

    【RACING-LIVE】アメリカGP訴訟は棄却
    昨年のアメリカGPで、タイヤの安全性の問題からミシュラン勢14台がレース出走を取り止めた一件に対し、ミシュランは訴訟を起こされていたが、裁判所はこのほどミシュラン側に法的義務は認められないとし、これを棄却した。

    訴訟は怒り心頭の観客らが集団で起こしたもので、チケット代金および損害賠償を求めていた。しかし、アメリカ連邦裁判所は彼らの要求を退けたかっこうだ。

    (以下略)


    訴訟の棄却は妥当なところであろう。
    関連リンクの英文記事を見ると、原告はチケット代、旅費、食事代、懲罰的損害賠償金を求めていた様である。


    ■関連リンク
    【WISH-TV】Formula One Lawsuit Dismissed
    【Tire Review】Federal Judge Dismisses U.S. Grand Prix Class-Action Suit


    ■関連記事
    ミシュラン、F1米国GPの損害賠償に応じる (2005年06月30日)
    F1アメリカGPでボイコット騒動 (2005年06月20日)
    posted by fullmoon-pon at 00:01 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | はてなブックマーク - 昨年のF1米国GP訴訟棄却

    2006年04月09日

    中京女子大VS愛知淑徳大は0-30(大学野球)

    愛知大学野球リーグで、中京女子大と愛知淑徳大が対戦した。結果は0-30で中京女子大の大敗。
    淑徳大のスコアは1回から順に
     6 0 7 2 3 2 10
    である。
    愛知大学野球リーグでも5部ということは、かなり弱いチームであるが、中京女子大はそれ以上に弱かったということか。まだまだ力に格差がありそうである。

    マスコミの報道は中京女子大のことばかりであるが、私がもっと驚いたのは、昔は女子大だった淑徳大がいつの間にか共学になっていたことである。
    愛知淑徳大のサイトにある「大学案内 歴史と沿革」を見てみたら、1995年の時点で共学になっていた。

    【中日スポーツ】中京女大、歴史的デビュー戦
     オープン参加ながら、今春から男子リーグに初参戦した中京女大(愛知県大府市)が、記念すべき第1戦を行った。8日、犬山市の名経大グラウンドで、愛知大学野球リーグ最下部の5部リーグ、全員男子の愛知淑徳大と戦った。結果は0−30の惨敗。厳しい現実をつきつけられたものの、随所に成長も見せ、意味ある第一歩を踏み出した。

     詰め掛けた報道陣は約50人、テレビカメラ8台。注目の中、午後1時に始まった試合は、時の経過とともに点差がどんどん開いた。2時間半を超えて新しいイニングに入らないという、特別ルールにより8回で打ち切り。中京女大の初戦は0−30、わずか1安打しか打てず、大敗した。深沢美和主将(2年)は「これが今の実力と受け止めています。すぐに勝てるとは思っていません」と厳しい現実を受け止めた。

    (以下略)


    ■関連リンク
    【日刊スポーツ】男子チームに惨敗、中京女子大0−30
    【中日新聞】中京女大が0−30大敗
    【読売新聞】女性も「楽し」野球プレー オープン参加の中京女子大 愛知大学野球
    【読売新聞】大学連盟入り中京女子大が初試合、0―30で大敗
    【朝日新聞】中京女子大、0―30で大敗 愛知大学野球リーグ5部


    2006/04/10 07:15追記
    posted by fullmoon-pon at 23:23 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(2) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | はてなブックマーク - 中京女子大VS愛知淑徳大は0-30(大学野球)

    2006年03月25日

    2007年F1日本GPは富士開催

    来年の日本GPは、富士スピードウェイに決定という旨の報道は、前々からあったのだが、ついに富士スピードウェイが2006年3月24日に正式発表した。開催は2007年10月。多分、これまで鈴鹿で開催してきた10月の連休頃に組み込まれるのだろう。

    以下はプレスリリース
    富士スピードウェイ 2007年F1日本グランプリを開催

    2006年3月24日
    富士スピードウェイ株式会社

    富士スピードウェイ株式会社(代表取締役会長:齋藤明彦 以下、富士スピードウェイ)はフォーミュラ・ワン世界選手権(F1)の開催権利等を管理するフォーミュラ・ワン・アドミニストレーション(会長:バーニー・エクレストン氏 以下、FOA)と、F1日本グランプリを2007年10月に富士スピードウェイで開催することで合意した。

    富士スピードウェイは1966年に開業し、世界でも有数の超高速サーキットとして約40年にわたり、スポーツカー、ツーリングカー、フォーミュラカーなどによる数々の国際・国内レースを開催してきた。F1についても、日本初開催となった1976年、翌1977年と2回の開催実績があり、2007年の開催は30年振りとなる。

    富士スピードウェイは2005年に施設を全面リニューアルし、世界最新のサーキットとして国際自動車連盟(FIA)が定める、F1開催に必要な「グレード1」ライセンスを既に取得済みである。

    【FOA代表 バーニー・エクレストン氏のコメント】
    「このたび、名峰“富士山”を望む美しい自然に囲まれた富士スピードウェイで、F1日本グランプリを開催できることを大変嬉しく思っている。今回の決定がF1の新たな時代の幕開けとなることを期待している。」

    (以下略)


    サーキットは改修されて良くなってはいるのだが、問題はそこまで行くための公共交通機関が貧相であること。さらに、遠方から来る人達のための宿泊施設がサーキット周辺には少ないことである。F1開催となると、あの地域の周辺人口よりも多い人が一気に押し寄せて来るのに、さばけるのかどうかが非常に不安である。

    さて、スケジュールを外されてしまった鈴鹿サーキットの処遇はどうするのか。これまでの報道によると、年間レース数が20戦に増えることをチームが同意すれば、鈴鹿でやってもいいよという感じである。ただ、現在の所、鈴鹿開催は未定。春に鈴鹿開催かという噂もあるが、最近数年、春には「INDY JAPAN 300」というレースがあるので、それとは被らないで欲しい。


    ■関連リンク
    【中日新聞】来年10月富士でF1
    【毎日新聞】F1:富士スピードウェイで30年ぶり開催へ
    【読売新聞】07年日本GP、富士スピードウェイ開催を正式発表
    【朝日新聞】F1日本GP、「富士」で07年10月に 30年ぶり
    【朝日新聞】【F1 2006】富士スピードウェイ、2007年F1日本GP開催決定、鈴鹿は?
    【中国新聞】「喜ばしい」とトヨタ会長 ホンダは2カ所開催に執念
    【中国新聞】富士で来年10月にF1開催 鈴鹿から移行
    【日刊スポーツ】富士で来年10月にF1開催
    【CNN】富士スピードウェイでF1開催、07年10月に
    【autobytel Japan】富士スピードウェイ、2007年F1日本グランプリを開催
    【carview】F1日本GP 2007年は富士スピードウェイで開催
    【RACING-LIVE】日本GP、2007年は富士で開催決定!
    posted by fullmoon-pon at 05:26 | 東京 ☁ | Comment(1) | TrackBack(7) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | はてなブックマーク - 2007年F1日本GPは富士開催

    2006年01月27日

    SUPER AGURIのF1参戦承認

    鈴木亜久里氏代表のF1チーム「SUPER AGURI Formula 1」にグリーンシグナル。参加承認がようやく下りた。
    とりあえずは最大の難関は越えただろうか。承認が下りなければ、元も子もない。

    【Racing-Live.com】SUPER AGURIの参戦決定!

    現地時間26日(木)、新チームSUPER AGURI Formula 1に、F1を統括するFIAからF1世界選手権参戦の正式承認が下った。

    「必要な供託金を受け取り、既存の全チームからの同意を得たことで、FIAは2006年F1世界選手権へのSUPER AGURI F1の再申請を承認した」

    これにより、SUPER AGURIは2006年シーズンを戦う11チーム目となり、3月12日(日)に決勝が行われる開幕戦バーレーンGPに向けて軌道に乗った。


    本来は去年のうちに決まるはずだったのだが、
     2005年10月 FIAにF1参加申請
     2005年12月 参加登録手続きに関する不備があったため、FIAの参加リストから漏れる
     2005年12月 再申請のために、スーパーアグリが他10チームから承諾を得る
    となった。

    さて、次はドライバーの問題。水面下ではほとんど決まっているかもしれないが、正式発表はまだない。現在は佐藤琢磨が当確という噂である。
    今シーズンのレースは3月12日から。車は開発中だし、まだまだ色々と大変な状態である。


    ■関連リンク
    【FIA】Super Aguri F1 Team
    【itv-f1.com】SUPER AGURI GETS THE GREEN LIGHT
    SUPER AGURI COMPANY
    FM NACK5 鈴木亜久里 F1 EXPRESS
    【スポニチ】チーム亜久里リスト外れる
    posted by fullmoon-pon at 12:17 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(3) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | はてなブックマーク - SUPER AGURIのF1参戦承認