にほんブログ村 ポータルブログへ 人気blogランキング
    Blogtimes

    2010年02月01日

    PCの時刻が2036年に飛ばされた

    ここ3日ばかり、うちのWindows PCの日付設定が突然2036年に変更されるトラブルに見舞われました。
    認証が必要なウェブページにアクセスしていたら、クッキーで問題が発生してアクセスできなくなってしまったのがきっかけで気付きました。

    これがOSの障害だったら、世間ではもっと大騒ぎになるのであるが、そうでもないらしい。
    かと言ってウィルスとかワームの類に感染しているわけでもないらしい。

    何か手がかりがないか検索してみたら、このブログに行き着きました。

     【ダメなものは駄目。酒でも飲んで忘れたい・・・。】PC の日付が2036年に(NTPサーバーの障害?)

    ここに書いてある内容でビンゴのようです。
    確かにうちも「iネッ時計」を使い、NTPサーバの接続先をローテートしながら変えています。

    ログも取ってあるので見てみました。

    1月30日に補正された時のログ
    2036/02/08 06:39:03.453 : 補正 ( clock.cc.miyazaki-u.ac.jp の応答 ) 誤差 892361.962秒の遅れ(応答速度:0.063秒) [階層:1/参照:GPS/精度:-19/遅延:0.000/拡散:0.000]

    1月31日に補正された時のログ
    2036/02/09 14:34:49.931 : 補正 ( clock.cc.miyazaki-u.ac.jp の応答 ) 誤差 892313.378秒の遅れ(応答速度:0.063秒) [階層:1/参照:GPS/精度:-19/遅延:0.000/拡散:0.000]

    2月1日に補正された時のログ
    2036/02/07 15:30:02.483 : 補正 ( clock.cc.miyazaki-u.ac.jp の応答 ) 誤差 648609.141秒の遅れ(応答速度:0.062秒) [階層:1/参照:GPS/精度:-19/遅延:0.000/拡散:0.000]

    宮崎大学のNTPサーバがおかしな補正をかけていたようです。
    さらにログをさかのぼってみたところ、件のNTPサーバは今年の1月21日からずっとタイムアウトエラーを続けていました。
    こんなログです。

    2010/01/20 03:03:37.108 : 確認 ( clock.cc.miyazaki-u.ac.jp の応答 ) 誤差 0.185秒の遅れ(応答速度:0.062秒) [階層:1/参照:GPS/精度:-19/遅延:0.000/拡散:0.000]

    2010/01/21 11:00:12.875 : 失敗 ( clock.cc.miyazaki-u.ac.jp の応答 ) 返答待機タイムアウト[1014 ms]

    そして1月30日に繋げたらいきなり変な補正をかけてきた次第。

    このブログ記事を書いている現在、宮崎大学のNTPサーバは止まっているようで、反応がありません。休みが明け、大学に苦情が入っていたことに気付いたのでしょうか?


    続きを読む
    posted by fullmoon-pon at 23:23 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | はてなブックマーク - PCの時刻が2036年に飛ばされた

    2009年09月30日

    ThinkPad X61が「Fan Error」

    現在、LenovoのThinkPad X61を使っています。
    ある時、電源ボタンを押したら画面に「Fan Error」の1行を表示した後、電源が落ちてしまいました。
    電源ボタンを押し直すことを何度かリトライしてみたのですが、状況は変わらず。

    別のPCで対処方法について検索してみたところ、ファンにホコリが詰まっていてもエラーを起こすことがあるらしいです。
    このままでは埒が明かないので、とりあえず本体裏側のねじを外して解体することにしました。
    キーボードのF1〜F4の下あたりに大きいファンがあります。電源ボタンを押した瞬間は回るのですが、エラーメッセージの表示とほぼ同時に止まってしまいます。
    よく見ると、パームレストの下あたりにも小さいファンがあります。これは電源ボタンを押してもまったく回りません。
    ホコリを飛ばすためのスプレーを吹きかけてファンを強制的に回しながら、マシンを立ち上げようとしてみましたが、やはり失敗。結局サービスセンターに電話して修理に出すことにしました。

    金曜日に電話をし、PCを家に取りに来てくれたのが翌週の火曜日。そしてその週の金曜日には戻ってきました。
    修理に要した実質の期間は短かったのですが、電話をしてから取りに来てくれる日数をもっと短くしてもらいたかったです。
    修理内容はセカンドファン交換。多分、パームレスト下にあるファンのことでしょうか。
    その他、一部に壊れている部品があったため、一緒に交換してくれました。
    修理費用は保証期間中につき無料。最初、サービスセンターへ電話をしたときに保証期間を調べてくれるのですが、てっきりもう過ぎたものかと思っていたら、まだギリギリ期間中のようでした。


    続きを読む
    posted by fullmoon-pon at 08:09 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | はてなブックマーク - ThinkPad X61が「Fan Error」

    2009年08月23日

    BHAが資金繰悪化で事業を停止

    CDライティングソフト「B's Recorder GOLD」シリーズでも有名なBHAが8月20日から事業を停止してしまった。資金繰り悪化のため、自己破産を申請するとのこと。


    http://journal.mycom.co.jp/news/2009/08/21/068/

    かつて、CD-Rドライブを購入すると、BHAのB's Recorderがバンドルされていたりしていた。
    昔、私が買った物もそんな感じで、BHAにユーザー登録していた。
    登録ユーザー宛に案内メールがたびたび届いていたのだが、ある時こんなものが届いた。

    Date: 23 Dec 2007 01:00:07 +0900
    Subject: 「B's Recorder GOLD」等の著作権・商標権の譲渡およびユーザーサポートに関するお知らせ

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    【CD/DVDライティングソフト「B's Recorder GOLD」等の
        著作権・商標権の譲渡およびユーザーサポートに関するお知らせ】
    ビー・エイチ・エーユーザー登録のお客様へ 2007年12月21日
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    平素は、ビー・エイチ・エー製品をご利用頂き誠にありがとうございます。

    去る2007年11月06日をもちまして、弊社は、標記製品の著作権等をソースネ
    クスト株式会社へ譲渡する契約を締結いたしました。
    詳しくはプレスリリースをご参照ください。
    http://www.bha.co.jp/news/pr071106.html
    今回の譲渡対象製品は「B's Recorder GOLD」「B's CLiP」「かんたんGOLD」
    「B's File Guard」「B's Movie Editor」になります。


    [製品の販売・サポートサービス]

    ソースネクスト株式会社は、2008年3月期に B's Recorder GOLD の最新
    バージョンの販売を予定しておりますが、それまでの間は、弊社がこれまで
    通り店頭・オンラインショップにて現行製品の販売を継続いたします。
    また、弊社は、既存の製品をご利用中のお客様にご不便をおかけしない為に、
    ソースネクスト株式会社よりサポートサービスに関する業務委託を請け負い
    ました。
    これにより、現行製品につきましては、製品のサポート終了までの間、アップ
    データの提供・テクニカル問い合わせ等のサポートサービスをこれまで通り
    継続して弊社が行わせていただき、今後の製品に関するご優待情報、サポート
    情報につきましては、ソースネクスト株式会社からもメールでご案内をさせて
    いただくことになります。
    また、2008年3月期以降、ソースネクスト株式会社から発売される最新
    バージョン以降の製品につきましては、バンドル製品(※1)は引き続き弊社
    にてサポートサービスを、パッケージ製品(※2)はソースネクスト株式会社
    がサポートサービスを行います。

    (以下略)

    当時は「あれ? どうしたんだろう?」と思っていたのだが、まさか今回言われているような状況にまでなっていたとは思っていなかったのであった。

    ちなみに現在、B's Recorder関連のメール案内はソースネクストから届いている。


    ■関連リンク
    【ITmedia News】「B's Recorder」のBHAが事業停止、自己破産申請へ


    続きを読む
    posted by fullmoon-pon at 05:45 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | はてなブックマーク - BHAが資金繰悪化で事業を停止

    2009年07月01日

    Firefox 3.5をインストールしてみた

    7月1日、いつの間にかFirefoxのウェブページで3.5の正式版がリリースされていたので、インストールしてみました。

    マシンのOSはWindows Vista Ultimate SP2ですが、インストールは普通に出来ました。
    動作速度ですが、以前の3.0系は若干引っかかりのようなものがあったのに対し、今回は明らかに速くなっています。
    ただし、現状では未対応のアドオンが若干あるため、どうしても必要なアドオンがある人は気を付けた方が良いです。
    うちの場合はそれほど重要ではないため、未対応のアドオンはそのまま放置してあります。

    以下のリンクはFirefox 3.5のダウンロード状況が視覚的に分かるサイトです。
     Firefox 3.5 の灯[ともしび] - 日本灯

    マウスカーソルを画面中央に持って行くと全体のダウンロード数が表示され、任意の都道府県位置でクリックするとその地域に対するダウンロード数が分かります。

    このブログ記事を書いている現在、総ダウンロード数は10000弱です。


    続きを読む
    タグ:Firefox Windows PC
    posted by fullmoon-pon at 07:29 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(1) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | はてなブックマーク - Firefox 3.5をインストールしてみた

    2009年06月12日

    NMap Xmas Scan警告が多発の巻

    今日(6月12日)は朝から夜までNorton360が「NMap Xmas Scan」の警告を何度も表示してました。
    昨日、一昨日と1回ずつ来てはいたのですが、今日は
    124.161.73.89による侵入の試みを遮断しました。アプリケーションパスSystem
    という警告を合計10回出しました。
    この124.161.73.89が何者なのかは不明。Norton360が自動的にアクセス遮断しているため、こちら側で行うことは特にないのですが、何か不気味。


    続きを読む
    posted by fullmoon-pon at 23:48 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | はてなブックマーク - NMap Xmas Scan警告が多発の巻

    2009年04月30日

    Windowsのアイコンキャッシュをクリア

    Windows Vistaのエクスプローラでファイル一覧を表示する場合、画像ファイルが入っているフォルダをサムネイル表示したいことがあります。
    その場合は「大アイコン」等のサムネイル表示に切り替えたりしますが、たまに正しく表示出来ないことがあります。
    特にネットワークドライブにあるファイルの表示を行おうとしたとき、何らかの原因でデータ取得に時間が掛かりすぎると、問題が発生するような気がします。

    一度そういう状況になると、再表示を試みてもダメなようです。
    アイコンキャッシュをクリアする方法をどこかで見た記憶があったので、検索して見つけたのがこれ。

     【PCtips】アイコンキャッシュをクリアする

    メモ代わりにここに書いておきます。

    posted by fullmoon-pon at 00:19 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | はてなブックマーク - Windowsのアイコンキャッシュをクリア

    2009年02月16日

    世界初、USBポート付耐火・耐水金庫

    セントリー日本がUSBポートを内蔵した耐火・耐水金庫を発売する。
    USBポートは何に使うのかと思っていたら、金庫の中に保管してあるUSB機器に対し、扉を開けずにアクセスできるという、興味深い機能がある。

    【セントリー日本】デジタルデータ保管の大革命!世界初のUSBポート付金庫、いよいよ日本で発売開始!
    セントリー日本株式会社(所在地:東京都品川区、代表取締役 松岡 浩)は、
    世界初の機能を備えた『耐火・耐水 USBポート付 デジタルデータストレージ(QE5551)』を3月上旬に発売いたします。
    http://www.digital-world.jp/products/qe5551/

    ■他の追従を許さない!時代にあった最高級クラスの性能
    2時間1010℃焼却という過酷な耐火テストをクリア!もちろん、紙類などだけでなく、ポータブルHDD、CD、DVD、USBメモリなどのデジタルメディアの耐火性能も検証・認定を受けており、デジタルデータが欠かせない現代のニーズにも対応しています。
    耐火だけでなく、爆発テスト、落下衝撃テストにも合格。
    さらに、万が一の火災時の消火放水などにも耐える耐水機能も付いており、様々な災害から大切な書類・データを守ります。


    ■世界初!パソコンと快適データアクセス
    強固な庫内にポータブルHDDなどの記憶装置をセットしておけば、本体正面にあるUSBポートとパソコンのUSBポートを接続するだけで、保管してある簡単にデータアクセスがおこなえる、世界初の機能を装備。
    日常的にデータのバックアップが必要な場合にも、ストレスなくポータブルHDDへすぐに保存できます。

    (以下略)

    耐火金庫そのものは昔から色々売られている。ただ、証券や通帳などの紙メディアを保管することだけを謳っている金庫にFD、CD-R等のデジタルメディアを入れても役に立たない場合が多々ある。
    実は紙は耐火性能がそこそこあるため、100℃程度では自己発火しないし、多少ヘナヘナに変形しても目視して読むことが出来ればOK。しかし、デジタルメディアはそんな温度に晒したらダメになってしまうし、変形でもしたらまず読み込みは出来ない。
    そんなわけで、デジタルメディアを保管する目的で耐火金庫を購入する場合は注意が必要なのである。

    なお、件の金庫の価格はQE5551が165,900円、一回り小さいQE4531の価格は123,900円とのこと。


    ■関連リンク
    【PC Watch】セントリー日本、世界初USBポート付きストレージ用耐火/耐水金庫
    【ITpro】USBポートを搭載したストレージ向けの耐火・耐水金庫が発売
    【マイコミジャーナル】水害、火事、落下に耐えるハードディスクが登場!? - USBポート付金庫が発売
    【朝日新聞】セントリー日本、USBポート付きでデータストレージとしても使える金庫
    【ITmedia News】世界初、USB端子付き金庫 HDD入れたままデータ読み書き
    【RBB TODAY】まさかの火災から大事なデータを守れ! USBポート搭載の耐火・耐水機能付き金庫


    続きを読む
    posted by fullmoon-pon at 23:53 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | はてなブックマーク - 世界初、USBポート付耐火・耐水金庫

    2009年02月08日

    microSDHCカードでWindows ReadyBoostを試してみる

    Windows Vistaが載ったノートPC(メインメモリ2GB)があるのですが、下記の記事を見ているうちにWindows ReadyBoostの機能を試したくなってしまいました。

     【日経トレンディネット】「Windows ReadyBoost」でどれだけWindows Vistaが軽くなるのか? 2006年11月21日

    デスクトップPCなら長いUSBメモリを使っても良いのですが、ノートPCにそんなものが刺さったままだと持ち運びに邪魔です。
    そんな折、最近になって極小サイズのmicroSDカード専用リーダー/ライターがあることを知りました。

     【バッファローコクヨサプライ】カードリーダー/ライター BSCRMSDCシリーズ
    BSCRMSDCシリーズ
    出っ張りの部分が数mmしかないため、そのまま刺しっぱなしでも持ち運びが十分可能という優れ物です。

    上記の製品にはmicroSDカード入りもあるのですが、Class4のカードであることとカードを別個に買った方が安上がりということで、別に買いました。
    買ったのはTranscendの8GB microSDHCカード (Class 6)。値段は1580円。

    早速、ノートPCに接続してみたところ、Windows ReadyBoostを使用するかどうか選択する画面が出てきました。
    当然ここで選択してみたところ、システムの高速化に使用される必要なパフォーマンス特性がないと怒られてしまいました。
    しかし、ReadyBoostの設定画面でデバイスを使用できるように設定してみたところ、そのまま使えてしまい、ReadyBoost用のキャッシュファイル(4GB)が作られてしまいました。
    microSDドライブプロパティ

    リソースモニタでも動作していることが確認できます。
    リソースモニタ

    どんなメモリでも強引に設定できるのかと言えば、そういうわけでもありません。ReadyBoost機能非対応のUSBメモリを使ったら、ReadyBoost用のキャッシュファイルが作られることはありませんでした。

    日経トレンディネットの記事では、フリーソフト「HDBENCH」によるメモリの測定を行っています。
    今回使用したmicroSDHCメモリカードもHDBENCHで測定してみたところ、下記の結果でした。
     Read: 16615 Write: 9127 FileCopy: 1823

    記事中のアイ・オー・データ機器のSDメモリカードよりTranscendのmicroSDHCカードの方が数値が高いです。

    では体感速度は上がったのか? それが自分でもよく分かりません。心持ち少し上がったような気がしますが、明らかに上がったという感じもしません。


    ■関連リンク
    【Wikipedia】Windows ReadyBoost


    続きを読む
    posted by fullmoon-pon at 23:16 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | はてなブックマーク - microSDHCカードでWindows ReadyBoostを試してみる

    2008年10月15日

    次期Windowsの名称は「Windows 7」に決定

    「Windows Vista」の後継OSが「Windows 7」に決定した。

    【ITmedia News】コードネームそのまま――「Windows 7」、正式名称に決定
     米MicrosoftはWindows OSのVistaに次ぐメジャーリリースの名称を「Windows 7」に決定した。これまで次期主力OSは「Windows 7」というコードネームで呼ばれていたが、それが正式名称としても使われることが、Windows Vista公式ブログで明かされた。

     Windows 7はMicrosoftの開発者向けカンファレンスであるPDCおよびWinHECの参加者に、デベロッパー専用リリースとして配布される予定。

     同ブログによれば、MicrosoftがOSでコードネームをそのまま製品名に使うのはこれが初めてという。

    (以下略)

    上記記事で言う「Windows Vista公式ブログ」というのは、「Introducing Windows 7」のことですね。

    このネーミング、悪くはないですよ。「Vista」とか「XP」より分かりやすいのではないかと。
    もし「Windows 7」に関係する独自ドメインを取得したい場合はどうするのだろうか?
    現在の取得状況はこんなところ。

    続きを読む
    タグ:Windows Windows 7
    posted by fullmoon-pon at 07:40 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | はてなブックマーク - 次期Windowsの名称は「Windows 7」に決定

    2008年07月18日

    Firefoxの閲覧履歴が突然消えた

    ウェブブラウザはよくFirefoxを使っています。
    当時のFirefox 2から1年以上普通に使い続けていたのですが、ある日突然閲覧履歴が消えてしまいました。
    Firefoxについては特にいじってはいません。その後もFirefoxを再起動すると、再起動前まで保持していた閲覧履歴が消えてしまいます。
    しばらくしてから、Firefox 3がリリースになり、そちらに移行したら、状況は改善されました。
    何せ原因が分からないというのがどうも気持ちが悪い。しかし、数日後にまた状況が再発しました。
    Firefox 3からブックマーク情報をファイルに書き出した後、完全アンインストール(ユーザーの設定データも全て消去)してから再インストールしたのですが、数日後に再発しました。

    後になってふと思い出したのですが、閲覧履歴が消えてしまう現象が発生したのは、「Norton 360 2.0」をインストールした頃とほぼ一致します。

    さらにFirefox 3.0で、以下の項目を確認してみました。

     メニューバーから ツール(T) → オプション(O) を選択。
     「オプション」ウインドウの表示が出たら、「プライバシー」タグ選択。
     「プライバシー情報」の「Firefoxの終了時にプライバシー情報を消去する(W)」のチェックON/OFF状態確認。

    私の場合、いつの間にかチェックがONになっていました。(私はOFFに設定していた)
    さらに

     上記に書いた「プライバシー」タグにある「設定(T)ボタン」を押す。

    を実行してみたところ、「表示したページの履歴(B)」のチェックがONになっていました。
    こんな設定になっていたら、閲覧履歴は当然無くなるでしょう。
    再び「Firefoxの終了時にプライバシー情報を消去する(W)」のチェックをOFFにして確定し、Firefox再起動。再び件のチェックを確認したら、今度は「いつの間にか」ではなく、即時ONになっていました。

    犯人はどうもNorton 360のような気がします。
    そこで今度は
     上記に書いた「プライバシー」タグにある「設定(T)ボタン」を押す。
     「プライバシー情報の消去」のチェック項目を全部外して「OK」ボタンを押す。
     「Firefoxの終了時にプライバシー情報を消去する(W)」のチェックをOFFにする。
    と、設定を変えてみました。
    プライバシー情報の消去関係のチェックを全て外して既に10日以上経過しましたが、現在のところ、閲覧履歴が消える現象は再発していません。

    やはりNorton 360が余計なお世話をしていることで確定なのでしょうか?


    続きを読む
    posted by fullmoon-pon at 06:46 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | はてなブックマーク - Firefoxの閲覧履歴が突然消えた