にほんブログ村 ポータルブログへ 人気blogランキング
    Blogtimes

    2008年11月24日

    [LIVE] 櫻井哲夫&本田雅人“Birthday Live”@STB139 (2008/11/10)

    だいぶ日にちがたってしまいましたが、11月10日、櫻井哲夫&本田雅人“Birthday Live”ライブを観にSTB139へ行きました。
    本日のメンバーは櫻井哲夫(b)、本田雅人(sax)、梶原順(g)、松本圭司(pf,key)、田中栄二(ds)。

    曲目は以下のとおりだったと思います。

     M1 JOY
     M2 WHAT'S UP ?
     M3 春うらら
     M3 KBT
     M4 VENUS
     M5 みんなSWING
     M6 DISPENSATION
     M7 EVER
     M8 Captain Giovanni
     M9 RED ZONE

     アンコール
     M10 GOING HOME

    M2とM6は懐かしのJIMSAKUの曲、KBTは松本さんの曲、EVERは梶原さんの曲、M9は言わずと知れたCASIOPEAの曲、M10は何故かYellowjacketsの曲です。

    M4は櫻井さん、本田さん、梶原さん3人による演奏。M5に至っては、本田さんがバリトンサックスを持ち込み、櫻井さんとのまさかのデュオ演奏。どちらも低音楽器なのですが、ああいうことも出来るのかと、ちょっと驚き。
    今回の主役2人の誕生日は11月13日なのですが、この日は特別に何かバースデーソングを歌うということはありませんでした。

    MCでブレッカーブラザーズ(The Brecker Brothers)の「Some Skunk Funk」について話題になりました。
    櫻井さんが「Tetsujino」というユニット(相方はベーシストの日野賢二)で「Some Skunk Funk」を演奏することになったのですが、その曲の正しい譜面というものが世間に出回ってはいないらしいのです。
    そんなわけで「正しい」譜面を本田さんが提供したらしいです。別にそのレコーディングの為にわざわざという訳ではなく、則竹さんがライブでその曲を演奏するに当たり、間違っている所がある(ドラマーからすれば、音階が間違っていても問題ではない)ので、本田さんが正しいものを作ってきたのがきっかけだったそうです。
    元々、最初のレコーディングでの演奏とライブでの演奏が違っていたりというのもあり、正しい譜面はお金を出しても手に入る訳ではないそうなので、譜面を入手しようと思っている人は気をつけて…。


    ■関連記事
    [LIVE] 「櫻井哲夫&本田雅人」Birthday Live@Club IKSPIARI (2005/11/11) (2005年11月12日)


    続きを読む
    posted by fullmoon-pon at 02:26 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | JAZZ/FUSION | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | はてなブックマーク - [LIVE] 櫻井哲夫&本田雅人“Birthday Live”@STB139 (2008/11/10)

    2008年08月20日

    [LIVE] 神保彰ワンマンオーケストラ2008〜お盆〜@DUO Music Exchange (2008/08/17)

    8月17日、神保彰(ds)ワンマンオーケストラライブを観にDUO Music Exchangeへ行きました。
    このライブはドラムトリガーシステムを使った神保さん単独のステージ。
    今回も新ネタが幾つかありました。マイケル・ジャクソンのナンバーは大丈夫だったのですが、「Some Skunk Funk」ではいきなりトラブル。出だしでいきなり予期せぬ音が出ました。これは後のトリガシステムの説明コーナーで使う音が出てしまったととのこと。途中、妙な間があったのも何かのトラブルなのか、そういう仕様なのか…。多少変な部分を聞き逃してしまう私でも気が付くくらいでした。きっと次回は修正版を演奏してくれるでしょう。

    カシオペアのナンバーから神保さんが作曲した曲も演奏しました。ステージ前半では「Sunnyside Feelin」「Ripple Dance」、後半では「Street Performer」「Mid Manhattan」の演奏を行いました。元々自分で作った曲だけに、再現性も十分。もう、ベースの人もキーボードの人も要らないかと(w
    私としてはJIMSAKUの頃の曲もやって欲しいと思う今日この頃。もっとも、今は亡き六本木PIT INNでソロライブを行っていた頃は『mega db』あたりの曲もやっていたのですが。

    その日のライブ終了後、 次回の前売券をその場で販売するのですが、ステージ本編終了とアンコールの合間にそそくさと席を外す人がいます。ああいう行為は客のマナーとしていかがなものかと思います。
    確か、今回はなかったと思うのですが、前回のライブの時は、ステージ上の席に座っている客もアンコール前に席を外して並びに行っていたので、何か非常に不快でした。

    昔、六本木PIT INNでライブをやっていた頃も、ライブ当日に次回のライブの前売券を発売していたのですが、発売はその日の開場時間前から行っていたので、アンコール前に客が抜けるということはなかったです。
    この店も券の販売方法を考えた方がいいかもしれません。


    続きを読む
    posted by fullmoon-pon at 07:04 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | JAZZ/FUSION | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | はてなブックマーク - [LIVE] 神保彰ワンマンオーケストラ2008〜お盆〜@DUO Music Exchange (2008/08/17)

    2008年07月29日

    越智順子氏死去

    まさかとは思ったのだが、こんな訃報を昨日(7月28日)になって知った。

    【朝日新聞】ジャズ歌手の越智順子さん死去
     越智 順子さん(おち・じゅんこ=ジャズ歌手、本名堺順子〈さかい・じゅんこ〉)が27日死去、43歳。通夜は28日午後7時、葬儀は29日午後1時30分から大阪市北区天神橋4の6の39の公益社会館天神橋で。喪主は夫堺重幸さん。

    (以下略)

    43歳なんてまだ若いのにと思っていたのだが、越智順子オフィシャルサイトを見ると、以前から体調が悪かったらしい。
    スケジュールページ」2008年2月18日の段階で2ヶ月の入院生活から退院したという。
    私は当人のライブを見ることがなかったのだが、彼女の自主制作盤『EXPOSURE』を是非入手したいと、前々から思っていた。
    しかし、数年前に調べた段階でも品切れになっており、再発売があるのかどうか未定の状態。これを機にこのアルバムも再発売の方向へ進んで欲しいと願っている。


    ■関連リンク
    【毎日新聞】訃報:越智順子さん43歳=ジャズ歌手


    続きを読む
    posted by fullmoon-pon at 23:33 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | JAZZ/FUSION | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | はてなブックマーク - 越智順子氏死去

    2008年07月27日

    ハイラム・ブロック死去

    ギタリストのハイラム・ブロック(Hiram Bullock)が7月25日に52歳で死去した。
    この話を知ったのは、昨日(26日)なのだが、それを知ったのは某BBS内での事。それ以外に彼の死について伝えているメディアが今のところはほとんど無い。
    google.comのニュース検索では、唯一引っかかったのは、以下のニュース

    【All About Jazz】Hiram Bullock Late Night with David Letterman Guitarist Dies
    Hiram Bullock, onetime barefoot guitarist for Paul Shaffer's World's Most Dangerous Band, dead at the age of 52. Bullock had been fighting a tumor in his throat since January.

    (以下略)

    あとはウィル・リー(Will Lee)のウェブサイトでも、氏が亡くなったことについてコメントを寄せている。

    こちらも亡くなったことが昨日の時点で簡単に書かれていた。
     【Wikipedia】Hiram Bullock
    昨日はまだ内容が少なかったのだが、今はだいぶ書き足しされている。

    亡くなったことは自分にとっては驚きなのだが、海外の方でニュースがもう少し流れているかと思っていたら、そうでもないことも意外であった。


    続きを読む
    posted by fullmoon-pon at 16:57 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | JAZZ/FUSION | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | はてなブックマーク - ハイラム・ブロック死去

    2008年07月02日

    やる気のないF1のテーマ

    映画『スター・ウォーズ 帝国の逆襲』では、ダース・ベイダー登場時に流れる「インペリアルマーチ(帝国のマーチ)」がある。
    この曲はその後、ウクレレによる再アレンジ版が発表、「やる気のないダース・ベイダーのテーマ」と称され、その脱力加減が大いに受けた。

    そうしたら、今度は日本のグループ「バンバンバザール(Ban Ban Bazar)」が『ウクレレ バンバンバザール』というアルバムをリリースする。
    これはウクレレによるカバー曲集で、T-SQUAREの「TRUTH」も入っている。同曲のPVも発表されており、結構笑えるのだ。
    オリジナル曲は、かつてF1のオープニングテーマとして使用され、高揚感もあるのだが、ウクレレアレンジの方は脱力感がありあり。まさに「やる気のないダース・ベイダーのテーマ」ならぬ「やる気のないF1のテーマ」なのだ。

    元記事はこちらから。
    【BARKSニュース】BAN BAN BAZAR : 闘争心ゼロ、超脱力のF1テーマソング

    PVはこちらから。
    http://www.barks.jp/watch/?id=1000022345


    続きを読む
    posted by fullmoon-pon at 23:48 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | JAZZ/FUSION | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | はてなブックマーク - やる気のないF1のテーマ

    2007年12月29日

    2008年にソニー・ロリンズが再来日

    つい先ほど、ネットでたまたまソニー・ロリンズ(Sonny Rollins)が再来日するという情報を知ってしまった。
    ジャズを聴いている人なら覚えていると思うのだが、以前、この人は2005年に「最後」の日本公演を行ったのだった。このブログでも2005年9月1日に「ソニー・ロリンズ最終ツアーの追加公演決定」ってことを書いてしまったし。

    http://info.yomiuri.co.jp/event/02001/200712105374-1.htm からの引用。
    2005年の「ラスト」コンサートから2年半―――

    「もう一度日本でツアーがしたい」

    という本人の強い希望と、

    「もう一度日本でロリンズを聴きたい」

    という全国のジャズファンの熱いラブコールを受ける形で、
    再度の日本ツアーが決定しました。

    そんなわけで2008年5月に日本ツアーが現在3カ所が決定。チケットの売れ行きによっては、前回のように追加公演があるかも。


    続きを読む
    posted by fullmoon-pon at 10:41 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(1) | JAZZ/FUSION | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | はてなブックマーク - 2008年にソニー・ロリンズが再来日

    2007年12月26日

    オスカー・ピーターソン死去

    ジャズピアニストのオスカー・ピーターソン(Oscar Peterson)が腎不全で12月23日に亡くなったというニュース。これが12月25日に流れたわけである。

    世界的に有名であるゆえ、ジャズを聴いたことがある人なら、氏の名前を知らない人はいないくらいであろう。
    私もライブを一度は見てみたいとは思いつつ、結局出来ずに終わってしまった。最後の来日は、2004年10月に行われた上原ひろみとのライブツアーだったらしい。

    今日(12月26日)、渋谷のタワーレコードへ行ったところ、既に氏の追悼メッセージが掲げられていた。まあ、商売であるから、こういうことには余念がない。
    私もつい、誘いに乗って氏のCDを2枚ほど買ってしまったのであった。とは言え、その日一緒に買ったCDがタモリの『ラジカル・ヒステリー・ツアー』というのも節操がない。

    それから、私としては、↓の記事が気になっていた。
     【CNN】「鍵盤の皇帝」オスカー・ピーターソン氏死去、82歳
    今は
    1925年8月15日、カナダ・モントリオール生まれ。
    となっているのだが、記事が公開されてしばらくの間は
    1925年8月15日、カナダ・門トリール生まれ。
    となっていた。もっと早く訂正してくれ…。


    ■関連リンク
    【毎日新聞】ジャズピアニスト:オスカー・ピーターソンさん死去
    【読売新聞】「鍵盤の皇帝」オスカー・ピーターソン氏が死去
    【朝日新聞】ジャズピアニストのO・ピーターソン氏、82歳で死去
    【産経新聞】ジャズの歴史そのものの人生 ピーターソン氏評伝
    【日刊スポーツ】「鍵盤の帝王」ピーターソン氏が死去
    【時事通信】オスカー・ピーターソン氏死去=ジャズピアニストの「皇帝」
    【ListenJapan】銀盤の皇帝、逝く――オスカー・ピーターソン逝去
    【bounce.com】現代最高峰のジャズ・ピアニスト、OSCAR PETERSONが腎不全のため死去
    【CityNews】Legend Lost: Canadian Jazzman Oscar Peterson Dies At Age 82
    【TheStar.com】Oscar Peterson dies at 82


    続きを読む
    posted by fullmoon-pon at 23:49 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(1) | JAZZ/FUSION | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | はてなブックマーク - オスカー・ピーターソン死去

    2007年09月19日

    [LIVE] 松居慶子ライブ@Motion Blue (2007/09/16)

    9月16日、松居慶子(pf,key)ライブを観にMotion Blueへ行きました。
    今回は新作のアルバム『MOYO』発売に関連したツアーで、この日が日本ツアー初日。
    他のメンバーはJackiem Joyner(sax)、Grecco Buratto(g)、Lawrence Matsia(g)、Lucas Senyatso(b)、Rob Watson(ds)、Tlale Makhene(per)で、アルバムのレコーディングに参加した人もいるそうです。お国も色々でアメリカ、ブラジル、南アフリカなど。

    私が行ったのは2ndステージ。新譜からは「A GREAT ROMANCE」「WHEN I CLOSE MY EYES」「MOYO」「BLACK RIVER」「AN EVENING IN GIBRALTAR」の演奏があり、本編は10曲(ちゃんと勘定していなかったが)演奏したと思います。
    この場所での1ステージ当たりの時間は元々短いです。そういうことを気にしていたのかどうかは知りませんが、アンコールは一旦楽屋に引き上げるのは省略して2回行いました。

    何の曲かは忘れてしまいましたが、ある曲の途中でギターのパートが入る際、ボリュームの設定ミスか何かで爆音が一瞬出ました。慌てて一瞬でボリュームを直すギタリスト、何事かと後ろにいるギタリストの方を一瞬振り返る松居さん、そして客席に居て一瞬驚く私がそこにいました。

    Today\'s Act 松居慶子
    posted by fullmoon-pon at 23:35 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | JAZZ/FUSION | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | はてなブックマーク - [LIVE] 松居慶子ライブ@Motion Blue (2007/09/16)

    2007年09月03日

    上原ひろみ結婚

    9月1日、ジャズピアニストの上原ひろみが結婚した。
    マスコミは今日になって報道しているのだが、私は昨日(2日)、上原ひろみ公式ウェブサイトを見て驚いてしまった。

    ジャズを聴いている私からすれば、彼女は超有名人。一般的にはどうなのかちょっと分からなかったのだが、スポーツ紙に載るということは一般人にもそれなりに知られた存在なのだろうか。

    以下は本人からの結婚報告。
    「上原ひろみからのご報告」
    PC用 → http://www.hujazz.com/20070901/
    携帯用 → http://www.hujazz.com/20070902.html

    相手はデザイナーのミハラヤスヒロ(三原康裕)氏。私は氏のことは存じ上げないのだが、改めて検索してみると、有名なデザイナーであることを知ってしまった。

    以下のブログにも9月3日にミハラ氏自身が結婚報告の報を書いている。
    sosu miharayasuhiro
    http://sosupress.exblog.jp/

    彼女の生活の拠点は海外であるのだが、今後はどうなるのだろうか?


    ■関連リンク
    【スポーツ報知】ジャズピアニスト・上原ひろみ結婚
    【サンケイスポーツ】ジャズピアニスト上原ひろみ、人気デザイナーと結婚


    続きを読む
    posted by fullmoon-pon at 23:19 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | JAZZ/FUSION | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | はてなブックマーク - 上原ひろみ結婚

    2007年04月21日

    浅野祥之氏死去

    ブッチャー浅野とか浅野“ブッチャー”祥之とも呼ばれていたギタリストの浅野祥之氏が4月20日に亡くなった。48歳。

    【日刊スポーツ】ギタリスト浅野祥之氏が肺炎で死去
     ギタリストの浅野祥之氏(あさの・よしゆき)が20日午後8時49分、肺炎のため横浜市青葉区の病院で死去した。48歳だった。北海道出身。葬儀・告別式は23日正午から川崎市宮前区土橋、さくら会堂で。喪主は妻佳三恵(かみえ)さん。ミュージシャンの角松敏生らのレコーディングに参加。自身もライブ活動などをしていた。

    実は私も20日の夜、とある筋の人からその話を聞いて驚いてしまった。その時は死因もはっきりとは知らされていなかったのだが、ネットの情報を見ると以前から体調が悪かったらしい。
    かつて氏の姿はライブでも何度か見たことがある。十数年前、斎藤ノブ率いる「NOBU CAINE」というバンドがギタリストを公募した際、その公開オーディションをNOBU CAINEのライブで行ったのだが、浅野氏もオーディションにエントリし、実際に演奏していたのを見た記憶がある。
    (その時にギタリストのメンバーとして決定したが福原将宜氏)
    浅野氏を最後に見たのは多分、「CROSSOVER JAPAN '04」で角松敏生のバックで演奏していたのを見たのが最後であろうか。

    去年の青木智仁氏といい、まだそんな亡くなるような歳でない人がこのような事になってしまうのが残念である。


    ■関連記事
    青木智仁氏死去 (2006年06月13日)


    ■関連リンク
    【デイリースポーツ】ギタリストの浅野祥之氏死去
    "butcher" web site
    posted by fullmoon-pon at 23:55 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | JAZZ/FUSION | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | はてなブックマーク - 浅野祥之氏死去