にほんブログ村 ポータルブログへ 人気blogランキング
    Blogtimes

    2005年08月03日

    デジタルカメラ検定試験

    Yahoo!がデジタルカメラに関する検定試験「デジカメエキスパート」を8月から始めた。

    件のサイトには、こんな事が書かれている。

    デジカメエキスパートとは、「デジタルカメラマガジン」公認の認定試験です。
    デジタルカメラを使って生活や趣味の写真を撮る方から、仕事でデジタルカメラを使う方、コンテストに作品を応募したいと考えている方のスキルを認定します。


    知識や撮影技術を問う試験が1級から3級まである。

    デジカメエキスパート1級は、デジタル一眼レフカメラやカメラ機材、パソコンを活用した、自分だけの「作品」を創作したい方を対象としています。
    ライティングやホワイトバランス、露出を自在に調整するスキルやモアレを防ぐテクニック、色収差に関する知識などから出題します。


    デジカメエキスパート2級は、構図や背景処理、マクロ撮影など、デジタルカメラの撮影方法や、デジタル写真の加工に関してのスキルについて出題します。


    デジカメエキスパート3級は、デジタルカメラと写真の基本知識を有しているかが問われます。撮影に関する基礎知識や、周辺機器や記録メディアの使い方を正しく理解しているかなど、デジタルカメラを使ううえで必要となる知識について出題します。


    が、結局のところ、取得してどうなるのだろうか。履歴書に書けるとか? 会社によっては「デジカメ技能手当」が支給されるとか? 何だかあまり有り難みがなさそうな気もする。
    posted by fullmoon-pon at 00:08 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | はてなブックマーク - デジタルカメラ検定試験

    2005年05月28日

    アグファ(AGFA)、破産手続き申請

    ドイツのアグファ・フォト(AgfaPhoto)が破産手続きを申請しました。
    日本ではあまり有名でないのですが、写真フィルムとしては、富士、コダックに匹敵する世界的ブランドです。
    現在、AGFAの日本語サイトには、まだコメントがないのですが、ドイツのニュースサイトには、記事が色々と載っています。

    今年の3月に開催されたフォトイメージングエキスポ2005には、日本のアグフア社が出展しており、全然気にしていなかったのですが、意外でしたね。
    破産の原因の一つがデジタルカメラの台頭らしいので、今後、AGFAのフィルムは細々と消えていくかも…。

    今はどうかは知りませんが、7年くらい前にオーストラリアへ行った時、AGFAのロゴを結構見かけました。
    私もたまにAGFAのフィルムを使用しますが、現像・プリントを請け負ってくれる店が少ないのが厄介です。


    写真フィルムの独アグファ、破産手続き申請

     【フランクフルト=後藤未知夫】独写真フィルム大手のアグファ・フォト(本社レバークーゼン)は27日、ケルンの裁判所に破産手続きを申請した。従来型の銀塩フィルムの老舗として事業を続けてきたが、デジタルカメラの台頭などで業績が低迷、支払い不能になった。

     アグファ・フォトは独医薬・化学大手のバイエルから分離・設立したベルギーの画像システム大手のアグファ・ゲバルトのアナログ事業部門だった。同社は昨年11月に同事業を欧米の投資会社などに売却、アグファ・フォトとしてドイツを拠点に再出発していた。

     アグファは米イーストマン・コダック、日本の富士写真フイルムと並ぶフィルムの世界3大ブランドの一つ。1860年代に創業したドイツの旧アグファは20世紀初頭に最初のフィルムを発売している。 (00:37)

    2005/05/31 08:00追記
    posted by fullmoon-pon at 11:35 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(2) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | はてなブックマーク - アグファ(AGFA)、破産手続き申請